Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Taste Of Chaos Tour 2006 JAPAN
2006.10.22 (Sun) :
Taste Of Chaos


Taste Of Chaos
Taste Of Chaos Tour 2006 JAPAN
10.22 (sun) 新木場 STUDIO COAST
feat. Taking Back Sunday / Underoath / Anti Flag / Senses Fail / Saosin / BRAHMAN / New Starting Over
OPEN 16:00 START 17:00

昨年から始まった秋フェス“Taste Of Chaos”はスクリーモ/ハードコア系の対バンツアーで、第一回にThe Used, Story Of The Year、Funeral For A Friend、Rise Against、Killswith Engagedなどが出演し話題を呼んだ。

TasteOfChaos

今年は日本のアクトがBRAHMANとNew Starting Overの2組。新木場に着いて入場したときにはすでにNew Starting Overやってたみたいで、遅刻したせいで見逃しました。世界各地の公演でオーディションを勝ち抜いたバンドがオープニングバンドになると言っていたわりには、スクリーモ好きには結構名の知れたNew Starting Overだったんだね。まったく聞いたこともない実力のあるバンドとか観たかったね。でも、遅刻したからどうせ観れないんだけどね!

もう一組日本から出演したのがメロコアバンドBRAHMAN

Set List
01. A White Deep Morning
02. Causation
03. The Void
04. Basis
05. Shadow Play
06. New Sentiment
07. Beyond the Mountain

電車の中で、BRAHMANのバンドT-シャツ着てた人見かけたり、BRAHMAN目的に観に来ている人がいたみたいで驚いた。結構アグレッシブなライブで楽しめたんだけど、あきらからにこのフェス向きのバンドではなかった。海外のツアーではThursdayとAlexisonfireも出演してるのに、JAPAN TOURには来ないのは何故なんだろうね?その穴埋めがBRAHMANになってるのがなんとも残念。BRAHMANは嫌いじゃないけど、Taste Of Chaosに出演してるバンドが好きな人が観たいバンドではなかった。それに日本のバンドは一組で、もっと海外のバンドを呼んで欲しかったかな。

そういえば、BRAHMANのVO.TOSHI-LOWって人の奥さんが女優のりょうさんみたいで、普通に会場にいた!テレビで観たことある顔だと思っていたら、帰ってmixiでTOCのコミュニティ見てたらやっぱ本人だったらしい。

Saosin
そして、今回最も楽しみにしていたSaosinが出番が来た!!
Saosinの来日が決まり、そしてフルアルバムをリリースして、夏からSaosin一色だったので、Saosinの登場でテンション最高潮!

Set List
01. It's far better to learn
02. Sleepers
03. Tlanslating The Name
04. Bury Your Head
05. Follow And Feel
06. Seven Years
07. Voices
08. They Perch On Their Stilts, Pointing And Draing Me To Break Custom

Vo.Coveが「神風」ハチマキで登場!とりあえず、メンバー皆スタイルが良く、ジーンズにプレーンT-シャツでシンプルな格好でカッコ良かった。中央の前から2番目とかで観たから、もう目の前にSaosinを感じれた。一曲目と二曲目はアルバムの始まり方と同じく、It's Far Better To Learn→Sleepersという流れ。全体的にCDで聴くより、ライブの方が良かった。やっぱ、Vo.CoveがCD同様、クリーンな高音で生で聴くとまた凄みがあるし、演奏もバランス良くて、おとなしそうな顔しながら物凄いドラムテクを披露してくれたAlexやばかった!Voices、Bury Your Head、Seven Years辺りは大合唱で、かなり盛り上がっていた!最後の方で、ギターのJustinが肩で10回近くギター回すパフォーマンスして、さらにステージ熱くしてくれたしね!他のメンバーもかなりリラックスして楽しんでたみたいで、それが伝わってきたし、望んでた音が聴けて、今回のベストアクトはSaosinだった!次は単独で来て、もっと長い時間演奏を聴かして欲しい!

Saosinのライブが終わり、その熱狂と共にすぐ会場を出てSaosinのサイン会に並びました。次どのバンドがやるのかわからず、とりあえずSaosinと会える機会もそう二度とないと思い並んでたんだけど、その時Senses Failがやってたのか・・・予習してたから結構聴きたかったけどもうしょうがないとしか言いようがないね。

Anti-Flag
ペンシルベニア州出身の反戦を掲げるFAT系のメロコア/パンクバンドAnti-Flag

Set List
01. I'd Tell You, But...
02. War Sucks, Let's Party!
03. You Can Kill The Protester,But You Can't Kill The Protest
04. This Is The End (For You My Friend)
05. Turncoat
06. 1 Trillion Dollars
07. Cities Burn
08. Death Of A Nation
09. Power To The Peaceful
10. The Press Corpse

Saosinのサイン会から戻り、客が少ないこともあり中央2列目で観た。今回来日したバンド中で、唯一ジャンルが異なることもあり、予習なしで望んだ。シンプルで口ずさみやすいメロディ、熱いコーラス、反戦を掲げて熱く歌い上げていて、まったく知らない自分も結構ノレるバンドだった。ノルだけで口ずさまない自分が前の方で見てるなんて、何かバンドやバンドファンに悪かった。とにかく、周りは驚くほど盛り上がってた。冬のWarped Tourと呼ばれるTaste of Chaosだから、このバンドを呼んだのかも知れないが明らかに浮いている。演奏は良かったけど、スクリーモ/ハードコアバンドが好きな人にとってはちょっと異なるバンドだった。

Underoath
最新のアルバムが全米で初登場3位とスクリーモ/ハードコアファンから人気のUnderoath

01. In Regards To Self
02. It's Dangerous Business Just Walking Out Your Front Door
03. Writing On the Walls
04. To Whom It May Concern
05. A Boy Brushed Red...Living In
06. Everyone Looks So Good From Here

Wake up! Wake up! Wake up!で始まり、ボーカルの絶叫とドラムボーカルの掛け合いが絶妙で、演奏隊もかなり激しく、これぞTaste Of Chaos!ハードコア系のバンド初めてだったので、ノリきれるか心配だったけど、Underoath世界観どっぷり浸かれた!途中でボーカルが客席に来て中央2列目とかだったので触れてかなり興奮!そして衝撃的だったのが、ボーカルがステージ戻るときにいつの間にか自分の手にマイクの線が絡んでいた(笑)ちょっと焦った!急いで解いたので、何もなかったように続いたのでよかった。それに、ドラムスティック飛んできてキャッチし損なったり、なんかいろいろと楽しめたライブだった。

Taking Back Sunday
Taste Of Chaos Japan Tourヘッドライナー Taking Back Sunday

Set List
01. What's It Feel Like To Be A Ghost
02. Set Phasers To Stun
03. MakeDamenSure
04. Error: Operator
05. Liar(It Take One To Know One)
06. You're So Last Summer
07. Twenty-Twenty Surgery
08. Cute Without 'E' (Cut From The Team)
09. A Decade Under The Influence

ヘッドライナーだけあって人気が凄い・・・熱狂的な女性ファンが狂喜乱舞。ボーカルのAdamがアイドル的な扱いで、周りと自分の温度差がありすぎて何とも気持ち冷めてしまったが、好きな曲やってくれたし、最近になってTBSよく聴いてるので楽しめた!ボーカルはマイクの線を首にぐるぐる巻くパフォーマンスや足のステップなどステキだったが、ギター・コーラスをやってるFredの雰囲気や声がなんとも魅力的だった。最後の曲が終わりメンバーがステージから消えアンコールかかったものの、アンコールなしで終わり・・・呆気なすぎでしょ!公演の終了のアナウンスで終わりを告げられ、少し消化不良だった。なんというか、試し聴きで終わった感じ。

このイベント自体客も少なく、出店とかなく盛り上がりはイマイチ。出演したバンドが日本にファンが少なかったからチケットの売れ行き悪かったんだろうけど、自分は1日で好きなバンドが中央・前から2列目で誰にも邪魔されずに間近で見れたし、Saosinのサインも貰えてかなり満足!SaosinとUnderoathは単独でも見たい!
Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。