Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edward SCISSORHANDS
2006.10.01 (Sun) :
EdwardSCISSORHANDS

1990/アメリカ/105分
監督:ティム・バートン
脚本:キャロライン・トンプソン
出演:ジョニー・デップ, ウィノナ・ライダー, ダイアン・ウィースト
評価:★★★★★★☆(6.5/10)

エドワードは、発明家の博士によって生み出された人造人間。だが、完成直前に博士が急死してしまった為、彼は両手がハサミのままこの世に残されてしまう。その後、ゴースト屋敷のような丘の上の家で、顔が傷だらけで孤独な日々を送っていた彼の元にある日、化粧品のセールス・ウーマンのペグが訪ねて来た。心優しい彼女は、そんな彼の姿に同情し、自分の家に連れて帰る。そうして家の中へ通された彼は、写真に写っているペグの娘キムに心奪われ、彼女に恋してしまうが……。鬼才ティム・バートン監督の描くラブ・ファンタジー。 重い映画しか観てなかったから、こういう心が温まるような映画で癒された!
甘く切ないメルヘンの世界を、優しい気持ちで観てもらいたい映画。

ティム・バートン監督の極端な表現方法は独特で面白い!絵本のような町並み、メルヘンチックな音楽と裏腹に人間の暗部が見事に対比されているのが印象的。それと、近頃大人気のジョニー・デップが演じる純粋で優しいエドワードの悲しげな表情がいいね。

映画のパッケージから、終始メルヘンかと思いきや、舞台が現代の郊外だったとこに驚いた(笑)現実世界より、メルヘンたっぷりの城のシーンをもっと撮って欲しかったかな!でも、本当この映画は癒される!

EdwardSCISSORHANDS001

Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。