Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Murder In The First - 告発 -
2006.09.20 (Wed) :
MurderInTheFirst

1995/アメリカ・フランス/124分
監督:マーク・ロッコ
出演:クリスチャン・スレーター, ケビン・ベーコン,ゲイリー・オールドマン
評価:★★★★★★☆(6.5/10)

アルカトラズ刑務所を閉鎖に追い込んだ実話を基に作られた映画。死刑確実と言われていたアルカトラズ刑務所内で起こった殺人事件を担当することになった若き弁護士ジェームスは、犯人の囚人ヘンリー・ヤングを調べていくうちに彼の有罪に疑問をもつようになっていった。やがて彼はアメリカ合衆国に真っ向から闘いを挑んでゆく・・・。 刑務所内で脱獄を密告した囚人を殺した罪で死刑を科されるヘンリー・ヤング。ヘンリーの弁護をしたジェームスが彼が殺人を犯す前に3年も地下牢に入れられ虐待されていたという事実を知り無罪を主張し、逆に刑務所側を告発する…。

正直言って、この映画は期待し過ぎたせいか、予想していたようなものとは違った。どうも釈然としないことが多かった。語られてないエピソードが多かったからかもしれない。アルカトラズでの生活、虐待や脱獄、幼い頃の話などヘンリーに関する話の底になる部分が薄っぺらく、感情移入できない。そして、本当に3年間地下牢にいたのでは?と思わせるほど迫真の演技だったヘンリー(ケビン・ベーコン)と対照的に、弁護士ジェームス(クリスチャン・スレーター)の演技は軽すぎるすし、感情の起伏が激しすぎる弁護士は映画のシリアスな雰囲気を台無しにした。人権の問題にしても、心に訴えかけるほどではない。何でそうなことになってしまうんだ!?みたいな本当の苦しみが伝わってことない!評価されている映画だけど、評価は★5ぐらいで、あとはケビン・ベーコンの演技で★を足した感じ。法曹界を目指さしている人にはいろいろと考える題材が含まれてておもしろいと思うけど、そこまでオススメでない。

MurderInTheFirst001

Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。