Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Day After Peace
2009.10.09 (Fri) :
The Day After Peace
"ザ・デイ・アフター・ピース"
(2008/イギリス/88min)ジェレミー・ギレー
Rating 7.5/10

Introduction
映画監督ジェレミー・ギレーは、年に一日だけ、世界中が戦争を止める日を設けようと世界に呼びかけた。その結果、2001年に9月21日が国連の定める “国際平和デー”として採択された。実際に停戦を呼びかけるため、ジェレミーはジュード・ロウと共に、危険な戦闘地域であるアフガニスタンに向かう…。

Review
9月21日が “国際平和デー(International Day of Peace)”ということを知ってましたか?日本ではシルバーウィーク中の敬老の日にあたります。その日が世界中で平和を願う日と知っている日本人は、ほとんどいないように思えます。悲しいことに私自身もこの映画を観るまで知りませんでした。

“国際平和デー”とはそもそも何か。国連が定めた平和の記念日です。すべての国、すべての人々にとって共通の理想である国際平和を記念、推進していく日。最初に宣言されたのが1981年だそうです。

しかし、これまでの“国際平和デー”の問題点は戦闘地域に対する影響力や権限がまったくなかったこと。国連が平和の日を定めていようが、戦争や争いは一時的にも止まることなく人は殺し合っている。その問題点に気づき、365日の1日でも銃弾や銃声を怯えず平穏に暮らせる日を確立しようと立ち上がったのが映画監督ジェレミー・ギレーであった。

この作品はジェレミー自身の活動をドキュメンタリー映画という形で製作されたもの。活動を始めた頃は、家族や友人以外誰も彼の言葉を聞いてくれなかった。彼は"理想主義者"という批判を受ける中、それでも地道に活動を続けた結果、セレブのアンジェリーナ・ジョリーやジュード・ロウ、ダライ・ラマ14世、そして母国イギリスの国連大使との対談へと結びつけた。ジェレミーの強い思いに胸を打たれ、次第に協力者が増え、1997年から始まった彼の活動はついに2001年の国連の決議にまで及んだ。

“国際平和デー”が世界の停戦と非暴力の日になるよう、彼はその後アフガニスタンでの一日停戦と、ユニセフ職員が立ち入ることの出来なかった地域に住む数百万人の子供達へのワクチン注射を成功させた。国連がこれまでできなかった本当の意味での“国際平和デー”を、たった一人の強い想いが実現させてしまうなんて本当に感動した。どんなに困難なことがあろうが、非難されようが、その強い想いが打ち砕かれることはなかった。

唯一の被爆国であり、平和憲法を持つ日本で生まれたからこそ、平和に対して強い想いを持たなければならないと改めて思いました。ジェレミーの活動そのものや目標実現に対する姿勢など学ぶことが多くある映画でした。レンタルショップに置いてあるかわからないのですが、是非観て欲しい一本です。

Trailer


Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。