Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Milk
2009.04.28 (Tue) :
Milk
"ミルク"
(2008/アメリカ/128min)ガス・ヴァン・サント
Rating 7.5/10

Introduction
《変革と希望の種を蒔いたミルクが、今に伝えること》
1978年11月27日、ひとりの政治家が志なかばで凶弾に倒れた。同性愛者であることを公表してアメリカで初の公職に就いた、ハーヴィー・ミルク(ショーン・ペン)。それは単なる政治家の死ではなく、社会におけるさまざまな弱者の“声”に心で向き合った、英雄の死であった。

Review
ガス・ヴァン・サント監督は今作をより多くの人に届くように描いている。ハ―ヴィー・ミルクを知らない人でも受け入れやすい、キャスティングや構成に仕上げている。特に、ハ―ヴィーの目線で歴史を追って転機となった出来事を語る手法はわかりやすかった。ハ―ヴィー自身が自らの人生をテープレコーダーに吹き込み、その語りと共にそのシーンを回想するというもの。

1970年代、ハーヴィー・ミルクは社会的弱者の為に自ら立ち上がり、アメリカ全土にムーブメントを起こした。この時代、保守的な価値観が同性愛者を社会から排除しようとしていた。例えば、当時のカリフォルニア州議会議員、ジョン・ブリッグスが提唱した「プロポジション6(提案6号)」。これは、カリフォルニア州内の同性愛者の教師や、その人たちを支援する教職員を排除するもの。こんな差別的な提案が、議会で通ろうとしていた。このように同性愛者の排除を高らかに主張する政治家がの影響力が強くなっていた。仕事を失う可能性があり、同性愛者がカミングアウトすることは、私たちが想像する以上に困難な時代であった。だから、サンフランシスコの同性愛者から支持を受けていた、ハ―ヴィーが代弁者として、政治の世界から、社会を変革する必要があった。

そんなハ―ヴィーも市議に立候補する2年前まで、ニューヨークの保険屋であった。その頃、同性愛者ということを隠し仕事をしていた。映画の始りも、そんな彼が40歳の誕生日を目前にニューヨークの地下鉄でスコット・スミスと運命的に出会うシーンからであった。スコットとの出会いが自らの生き方を見つめなおすキッカケとなり、自由に生きることを決意しサンフランシスコに行くことにした。この決断から、彼の人生は思いがけない方向に進み、ゲイの解放運動の先頭に立つこととなった。ニューヨークにいた頃のハ―ヴィーが、同性愛者に勇気を与え、ここまで自分の名前が世界で知れ渡るなど夢にも思わなかっただろう。

ハ―ヴィー・ミルクは生きる場所を奪われた弱者の為に、戦い続けた偉大な人物です。彼が人生をかけて伝えたかったこと。それは、どんな境遇で生まれ育った人でも希望を持って生きれる社会が成り立つことです。私自身もこのことをいつまでも胸に留めて置きたいと思います。

"If a bullet should enter my brain, let that bullet destroy every closet door."

Trailer


Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。