Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kalifornia
2009.04.26 (Sun) :
Kalifornia
"カリフォルニア/狂気の銃弾"
(1993/アメリカ/118min)ドミニク・セナ
Rating 7.5/10

Introduction
連続殺人を研究し、その本を出版しようとしている作家のブライアンは、恋人でポルノグラフィックな写真を撮っている写真家のキャリーと共に有名な殺人現場を訪ねながら、憧れの地“カリフォルニア”を目指し殺人検証の旅に出掛けた。しかし旅費を浮かせる為募った同乗者、アーリーと彼を盲目的に愛するアデールの本性を彼らは知らなかった……。

Review
白人貧困層(White Trash)の殺人鬼アーリーを演じるのはブラッド・ピット。彼を邪魔をする奴は警察であろうが殺していく。何故彼は人を殺すのか。復習、快楽、優越感なのだろうか。アーリーと旅をしたブライアンと同じく私たちは、殺人鬼になる人間の過去を知りたい。しかし、アーリーは過去を語らないし、そういったシーンは一切ない。だから、貧困層というイメージから、家庭内暴力や両親の離婚など、脳裏に刻み込まれた悲しみが原因ではないかと考える。殺人鬼とそうでない人間の違いとは何のだろうか・・・。これがこの映画のテーマであった。

殺人現場を訪れ、分析したブライアンでさえ、殺害にいたった原因を一定のものに定めることはできなかったと思う。だから、アーリーの過去だったり、殺人現場で多くを語られたなかったのは、原因を探ること自体がナンセンスなことだからだ。この映画は、ただ暴力描写を見せるのではなく、殺人者とそれの分析を試みる人間の心理が描かれている。そしてこの作品を観て観客が殺人鬼に対する自分のイメージを浮かび上げてくれると思う。残酷なシーンも多いけど、観る価値あります。

Trailer


Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。