Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Slumdog Millionnaire
2009.04.21 (Tue) :
Slumdog Millionnaire
"スラムドッグ$ミリオネア"
(2008/イギリス・アメリカ/120min)ダニー・ボイル
Rating 5/10

Introduction
テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される。ジャマールになぜこれほどの知識があり、この番組に出演するに至ったのか。警察の尋問によって、真実が明らかになっていく。

Review
クイズ番組を通し、スラム育ちの少年の運命を描く。クイズの答えは、主人公の過去に眠っている。クイズ番組から生い立ちと経緯を描いた演出が斬新だった。

ジャマールの人生から見えてきたのは、インドの貧困や宗教(ヒンズー教とイスラム教)などの社会問題であった。特に衝撃的だったのが、孤児を従えるギャングの存在。ギャングは孤児の片目に薬品をふりかけ、眼を焼いた。片目を失くした孤児は、街に佇む。そして、その哀れな姿を見たヒトたちからお金を貰い、そのお金はギャングへと渡って行った。弱者から摂取をするギャングの存在は、インド社会の経済格差を表していた。

暗い世の中だから、ジャマールのような孤児が夢を叶える姿を見て勇気づけられると思う。ただ、私はこの映画があまり好きではない。最後までキャラクターが無機質に感じたからだ。性格の善悪がはっきりとしていて、ジャマールやラティカは心優しく純粋な人、そしてその周りを囲む人物は徹底的に冷酷で、エゴイスティックという感じで、固定化されている。せっかくいい題材だったから、もっと人物像を掘り下げて描いた方が、胸に響くと思った。

Trailer


Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。