Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Summer Sonic'06
2006.08.12 (Sat) :
Summer Sonic06


08.12 (sat) 大阪会場 WTC OPEN AIR STADIUM、インテックス大阪、ZEPP OSAKA
NICO Touches The Wall / Copeland / The All American Reject
Fall Out Boy / Lostprophets / My Chemical Romance / Muse / Linkin Park
OPEN 09:00 START 11:00

2006年で7回目を迎え、過去最高の動員数を記録したロック・フェスティバル「Summer Sonic06」

AM 09:00 Open!! Oasis Area → AM11:00

シンヤとハルキと共にコスモスクエア駅に到着!会場は思ったより広く、とにかくテンション上がった。入場ゲートでスタッフからオレンジ色のバンドをつけられ、会場に入場し、INTEX OSAKAにあるOASISというエリアにグッズが販売されていたので、まずそこに行った。グッズ購入待ちの列は予想していたより短く、どのくらい待ったか忘れたけど幸いなことにすんなり進んでった。今回は、サマソニのオフィシャルTシャツではなくFall Out Boyなどのアーティストグッズを買おうと思ってたんだけど、あまりこれといったものがなく、サマソニに行ったという記念のものを買った!

summersonic001

物販でこのサマソニのTシャツとHMVブースでHMV×SummerSonic限定 BE@RBRICK買って、それと、タワレコの抽選会でタオルを頂いた!

summersonic002

AM11:00 COSMO STAGE (Zepp Osaka)

Copelandを観にCOSMO STAGEに移動。ここのロッカーに荷物を入れたんだけど、これが後にヒドイ目会うことに・・・。Copelandが出る前にNICO Touches The Wallという日本のバンドを観ました!

NICO Touches The Wall
Set List
1.泥んこドビー
2.そのTAXI,160km/h
3.プレイヤ
4.3年目の頭痛薬
5.image training

NICO Touches The Wall・・・まったく聞いたことないバンド。一曲目の“泥んこドビー”という曲の歌詞が「2アウト満塁、阪神一打逆転というときにナイター中継が終わった・・・!!」とかで、外見と違ってぶっ飛んだバンドなのかと、ちょっと度肝を抜かれた。その後は、少し曲が単調になって退屈になったときもあったけど、歌詞も演奏もかなり個性的だった!自分と同様、観客の多くが次のCopeland待ちみたいでみんな聴き入る感じでした。そして、ついにCopeland登場!!

Copeland

COPELAND フロリダ州レイクランドで活動を開始した新世代キレイ目エモ/ インディー・ロック・バンド

Set List
1. When Paula Sparks
2. Pin Your Wings
3. Don't Slow Down
4. Careful Now (new song)
5. Testing The Strong Ones
6. No One Really Wins
7. She Changes Your Mind
8. You Have My Attention

まず、ボーカルのAaron Marshに感動した! 透明感があり、美しく、そして力強く、本当に聴き入っちゃった!曲もストレートで、CDで聴くよりなんかもっとRockだった。だけど夏フェスで気分が上がっている自分にとってはもう少しテンポの速い曲がよかったな。でも、一度観てみたかったバンドだったので観れたことには満足!そして、演奏が終わり、野外のOPEN AIRに移動!!

osaka056

PM 01:00 OPEN AIR STAGE (WTC OPEN AIR STADIUM)

メインステージであるOPEN AIR STAGEに行く。今まで屋内のステージにいたので、なんだか夏フェスに来たという感じがした!

THE ALL AMERICAN REJECTS

The All American Rejects オクラホマ州出身のポップなGOODメロディーで日本でも人気のバンド

Set List
1. Dirty Little Secret
2. One More Sad Song
3. Top Of The World
4. Stab My Back
5. My Paper Heart
6. I'm Waiting
7. It Ends Tonight
8. Swing, Swing
9. Last Song
10. Move Along

予習しなかったこともあり、まったくのれなかった(笑)最悪だ!!もっと聴いとけば良かったと後悔してます!外はとにかく暑かったので、観客を気遣ったボーカルが「水もってきてー」ってスタッフにホース持ってくるよう頼んでくれたので、かなり気の利いた人だった。そのときはホースで水撒いてくれてよかったけど、日が落ちてから寒かったなあ(笑)とりあえず、まだテンションが上がりきらないところでPart.1終わり!



PM 02:10 Fall Out Boy -OPEN AIR STAGE (WTC OPEN AIR STADIUM)-

待ちに待ったFall Out Boyの出番が近づく。スタッフが動いたり、BGMが終わるだけで遂に登場!?っと本当にドッキドキ。Hot Topicに置いてあった青いジャケットTake This to Your Graveが気になって買って車で聴いて帰ったときのときのことを思い出したり。大学通学中にサマソニを楽しむためにFall Out Boyを何度も何度も聴いてた日々がフラッシュバックした。そして、遂にFall Out Boyが登場!!

FallOutBoy
Fall Out Boy メジャー一作目のFrom Under The Cork Treeでブレイクしたシカゴ出身4人組パンク・ロック・バンド

Set List
01.Our Lawyer Made Us Change The Name Of This Song So We Wouldn't Get Sued
02.Of All The Gin Joints In All The World
03.Homesick At Spacecamp
04.A Little Less Sixteen Candles,A Little More“Touch Me”
05.Nobody Puts Baby In The Comer
06.Sophmore Slump Or Come Back Of The Year
07."Tell That Mick He Just Made My List Of Things To Do Today"
08.Grand Theft Autumn/Where Is Your Boy
09.Sugar, We're Goin Down
10.Dance, Dance
11.Saturday

登場と共にテンションが異常なくらいオカシクなった。Our Lawyer~から始まり、一気にFall Out Boyの世界に入った感じがした。もう、Patrickが太ってようが、Peteが猛暑でもフードをかぶってようがどうでもいいようなぐらい楽しかったんだ。Of All the Gin Jointsなんてオッオッオーってもう楽しくてしょうがなかった。ギターのJoeが走り回って、もう何だかイカレテたけど、親しみやすい人で面白かった。Take This to Your Graveから何演奏してくれるか楽しみだったんだけど、まずはHomesick at Space Camp!!待ってましたって感じで、Patrickの甘くて優しく、そして力強い歌声と一緒にシンガロン!何だかほとんどの曲を歌ってた気がするよ。聴き込んだから、もうどの曲がこようが楽しめたし、本当に気持ちいライブ!!Saturdayがこのライブで最高に良かった!ベースを置いて、Peteはマイクを握って、スクリーム!!あの盛り上がり方は期待通りで、凄かった!!本当に大満足のライブだった!

PM 03:20 Lostprophets登場!

Fall Out Boyで暴れたせいか、もう酸欠状態で気分が悪くなり一度水を飲みに前列から離れた。Lostprophetsは洋楽聴き始めた頃に聴いていたバンドだし、最新アルバム結構気に入ってたので聴いてみたかったから、ちょっと急いで休憩。

Lostprophets
Lostprophets イギリス・ウェールズで結成された
6人組メタリックミクスチャーバンド

Set List
01.Everyday Combat
02.To Hell We Ride
03.The New Transmission
04.Everybody Screaming
05.A Town Called Hypocrisy
06.Rooftops (A Liberation Broadcast)
07.Can’t Catch Tomorrow (Good Shoes Won’t Save You This Time)
08.Last Train Home
09.Shinobi Vs. Dragon Ninja
10.Burn Burn

赤いLostprophetsとロゴが描かれた垂れ幕がかかるステージ。モスラのテーマ曲と共に登場したメンバーはフォーマルな格好で、自分が知っているLostprophetsとはちょっと違っていた。音楽性も変わってきたように、バンド自体も方向を変えたのかもしれない。水分補給して芝生に座って遠くから観てたんだけど、なんだか盛り上がり凄かったので、思い切ってモッシュが激しいとこに突っ込んできました。Start Somethingの曲はスクリームが多く、疾走感のある曲が多いので、もうモッシュが凄かった。そんな中、RooftopsLast Train Homeでは大合唱あったり。最後にburn burnで盛り上がって、あっという間に終わってしまった感じだった。

PM 04:35 My Chemical Romance登場!

My Chemical Romance
My Chemical Romance ニュージャージー出身の5人組スクリーモバンド

Set List
01.I'm Not Okay
02.Our Lady Of Sorrows
03.Cemetery Drive
04.Dead!
05.Give'em Hell, Kid
06.Deathwish
07.The Ghost Of You
08.Jetsetlife
09.House Of Wolves
10.Venom
11.To The End
12.Prison
13.Helena

このバンドも洋楽を聴き始めた頃に聴いていた。ボーカルの髪型が変わっていて、別人かと思った。ライブはI'm Not Okayで始まり、Helenaで締めた。言うまでもなくいいライブだった。このときは中央の前のほうで、モッシュをしてたら、肘入って唇切れてちょっと口の中が血だらけに・・・でも、めげずにモッシュ!ライブが終わって、水を買って口を洗って、水分補給。次のMuseはあまり知らないので、芝生でゆったり、ちょっと仮眠取ったりして休憩してました。

PM 05:50 Muse

Muse

Set List
01.Map Of The Problematique(Black Holes And Revelations)
02.Hysteria(Absolution)
03.Supermassive Black Hole(Black Holes And Revelations)
04.Bliss(Origin Of Symmetry)
05.Starlight(Black Holes And Revelations)
06.Butterflies & Hurricanes(Absolution)
07.Invincible(Black Holes And Revelations)
08.New Born(Origin Of Symmetry)
09.Stockholm Syndrome(Absolution)
10.Time Is Running Out(Absolution)
11.Plug In Baby(Origin Of Symmetry)
12.Knights Of Cydonia(Black Holes And Revelations)

PM 07:30 ヘッドライナー Linkin Park登場!

LinkinPark

Set List
01.Foreword (Meteora)
02.Don't Stay (Meteora)
03.Somewhere I Belong (Meteora)
04.Numb (Meteora)
05.From The Inside (Meteora)
06.Lying From You (Meteora)
07.Qwerty (新曲)
08.Papercut (Hybrid Theory)
09.Points of Authority (Hybrid Theory)
10.With You (Hybrid Theory)
11.Runaway (Hybrid Theory)
12.Reading My Eyes (xero時代の)
13.Faint (Meteora)
14.In The End (Hybrid Theory)
15.One Step Closer (Hybrid Theory)
=========(Encore)========
16.Crawling (Hybrid Theory)
17.Pushing Me Away (Hybrid Theory)
18.Breaking The Habit (Meteora)

Linkin Parkのセッティングに時間がかった。それだけの機材や照明などがあるのだろう。 登場と共に後ろから、そして横から人が流れるように襲ってくる。本当に身動きが取れなくなり、リンキン聴いてる余裕もなかったので、一歩身を引く。日本人どんだけリンキン好きなんだよっとちょっと嫌気がさしてしまったが、リンキンのパフォーマンスが凄く、そんなことどうでも良くなってしまった。チェスターは激しく叫んだ後でも、落ち着いた声で歌っていたのには驚いた。アンコールをあわせて18曲とたっぷりリンキンを味わったので満足です。

Linkin Parkが終わり、一斉に出口に押し寄せまったく出られない・・・。せっかく楽しい気分でライブを終わって、ずっと並ばされると本当に気分が悪い。待たなきゃいけないって思っても、あんな小さい出口1つで行列作って電車の混雑を防ごうとしているのか、よくわからないけど、ただすんなり出して欲しかった。何だかどっと疲れて、やっと外に出てハルキとシンヤと合流した。ロッカーでちょっといろいろあって、やっと電車に乗って帰れた。高槻駅の定食屋でまったりして、家に帰った。なんだか最後は嫌な思いしたけど、念願のFall Out Boyのライブ観れたし、他のバンドもいいライブで楽しかった!今度は幕張のサマソニも行ってみたいな!
Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。