Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Good Night, and Good Luck
2009.03.28 (Sat) :
Good Night, and Good Luck
"グッドナイト&グッドラック"
(2005/アメリカ/93min)ジョージ・クルーニー
Rating 8/10

Introduction
1953年、米ソの冷戦が激しさを増す中、アメリカ国内ではマッカーシー上院議員を旗頭に、国内の共産主義者の徹底した排除活動が行なわれていた。しかしその標的は、いまや政府に少しでも楯突く者すべてに及んでいた。一般の市民はおろか、マスコミさえもが恐怖の前に沈黙してしまう。そんな中、CBSの人気キャスター、エド・マローとプロデューサーのフレッド・フレンドリーはある重大な決断をする。

Review
言論の自由が失いかけたアメリカで、権力に果敢に立ち向かったジャーナリスト エドワード・R・マローの話です。社会情勢は今と異なっていても、テレビ番組のあり方というものを伝える素晴らしい映画です。

この映画は当時の政治状況を映し出す。アメリカ国内で中国やソ連の共産主義に対する危機感から、【赤狩り=共産主義者の追放】が行われた。国の威信にかけ赤狩りの陣頭指揮を執ったのが共和党議員のジョセフ・レイモンド・マッカーシー。この赤狩りが強引に行われた為、法外で人権を無視していた。しかし、赤狩りを批判することは自らが共産党員だと名乗り出ることになり、野放しになっていた。

こういう背景の下、テレビ局は議論を巻き起こす赤狩りを批判することができなかった。敏感な問題なだけに、誤った報道をすれば協賛してくれているスポンサーや政治家から見放されてしまうからだ。このように機能を果たさない他の報道機関に相対し、果敢にマッカーシー批判を行ったのがエドワード・R・マローだった。ホストを努める『See It Now』でマッカーシー批判を繰り広げたことで、結果視聴者から支持を得て赤狩りは終焉を迎える。

「もしテレビが娯楽と逃避のためだけの道具なら、もともと何の価値も無いということですから。テレビは人を教育し啓発し、心さえ動かします。だが、それはあくまでも使う者の自覚しだいです。それが無ければテレビはメカの詰まったただの箱なのです。グッドナイトそしてグッドラック」

Trailer


Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。