Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11:14
2009.01.05 (Mon) :
11:14
"11:14"
(2003/アメリカ・カナダ/86min)グレッグ・マルクス
Rating 7/10

Introduction
夜の“11:14”を中心に起こる様々な出来事に翻弄される人間模様が描かれた作品。それぞれの人物がまったく関係ないように見えて、最後には全員が繋がっているという手法が用いられている。

Review
11時14分前後に起きる人身事故、発砲事件、殺人事件などにより今まで繋がってないなかった人々の思いがぶつかる。そして、それぞれの思惑とは明らかに違う方向に進み人生が狂っていく。

この映画もそれぞれの物語がぶつかる群像劇の一つ。今まで私が見てきた群像劇は、ある街ですれ違ったり、同じ体験することによってまったく知らない人が繋がる壮大な物語だった。『11:14』が面白いところは、起きている場所が凄く狭い地域であること。だから、もともと誰かとは知り合いの関係にあり、とてもこじんまりとした話である。でも、本当にどこにでもいそうな人が、ちょっとした行いで互いの人生を破滅に追い込んでしまうっていう展開は良かった。

結末に明らかになるまで事件の発端となったある人たちの思惑は隠されている。あまりにふざけた考えでがっかりしたけど、それを結末まで隠したからこの物語は成り立ったんだね。だから、この事件に関わる人々の話を時間軸を変えることによって物語が格段と魅力的になっていたんだ。物語の切り取り方が上手いんだろうね。そんなにお勧めするほどの映画じゃないけど、群像劇が好きな人はいつも観てきた話は一味違っていいかもね。

Trailer

Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。