Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

All the Invisible Children
2008.02.23 (Sat) :
All the Invisible Children
"それでも生きる子供たちへ"(2006/フランス・イタリア/116min)
メディ・カレフ エミール・クストリッツァ スパイク・リー カティア・ルンド
ジョーダン・スコット リドリー・スコット ステファノ・ヴィネルッソ ジョン・ウー

Rating 8/10

"All grown-ups were once children. Although few of them remember it."
by Antoine De Saint Exupery 『The Little Prince』


Introduction
“世界中の子供たちの窮状を救うため”というイタリアの女優マリア・グラツィア・クチノッタの呼びかけにユニセフと国連世界食糧計画が賛同、7ヵ国から7組8人の映画監督が参加し実現した社会派オムニバス・ドラマ。エミール・クストリッツァ、スパイク・リー、ジョン・ウーら世界的監督たちが、それぞれの国の子供たちの過酷な現実を独自の視点で描き出す。

Review
7作あるうちでもっとも印象的だったのが、スコット親子の作品『Jonathan』。戦場カメラマンが精神異常をきたし、子供のころに戻り回想する物語。少しこの映画の趣旨とは異なるけど、魔法がかかったような子供たちの自由な世界の描き方や空気感、自然の撮り方など、とても好みのものだった。

その他には、アメリカのHIVや麻薬によって崩壊した家族模様やそのような家庭環境で育った子供の苦しみを鮮明に描いたスパイク・リーの『Jesus Children of America』。そして、ブラジル・サンパウロで、街に捨てられている段ボール、缶や釘などを集めて工場に売り生きている子どもを描いた、カティア・ルンドの『Bilu & João』。この2作は、私が知らない事実や、子供たちの苦しみ、そしてどんな環境でも強く生きていく希望を感じられる作品でよかった。

ラストを飾ったジョン・ウーの『Song Song & Little Cat』は感動したけど、あまりに演出がいきすぎてて、本当残念。それも、日本のパッケージには可愛い桑桑だけが写ってるけど、なんかとても違和感を感じる。顔に泥がついて捨て子の小猫と裕福な家庭で育った桑桑の2人が主役なはずなのに、なぜ差別するのだろうか。それに、オムニバス作品だから、海外のパッケージのようにすべての作品に出てくる子供を載せるべきだよね。

それぞれ作品に個性があり、そこからいろいろ考えさせられる題材がちりばめられおり、多くの人に見てもらいたい映画です。大人になっていくにつれいろんなことを見てしまい怖がりになっていく。言い訳ばかりで前に進めない。でも、この映画に出てくる子供たちのように、どんな高い壁もその先を真っ直ぐ見つめ乗り越えていきたい。
Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。