Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lords Of Dogtown
2007.10.20 (Sat) :
Lords Of Dogtown
"ロード・オブ・ドッグタウン"(2005/アメリカ/107min)キャサリン・ハードウィック

エミール・ハーシュ ヴィクター・ラサック ジョン・ロビンソン マイケル・アンガラノ 
ニッキー・リード レベッカ・デモーネイ ヒース・レジャー ジョン・ロビンソン ジョン・ロビンソン

Rating 9/10

Introduction
スケートボードの枠を越え、70年代若者文化に革命をもたらしたと言われる“Z-BOYS”のオリジナルメンバー3人の栄光と戸惑い、瑞々しくも切ない友情の日々を綴った青春ドラマ。アメリカ西海岸ヴェニスビーチ周辺の通称ドッグタウンと呼ばれる地区。この街に暮らす3人の少年、トニー、ステイシー、ジェイはスケートボードに明け暮れる毎日。やがてチーム“Z-BOYS”が結成され、いつしか水が空っぽのプールが彼らの聖域となる。そして、その革新的なスケーティング・スタイルに若者たちが熱狂、3人は瞬く間に時の人となり、トニーとステイシーはスーパースターへの階段を駆け上っていくのだったが…。

Review
Z-Boysのメンバーであり、ドキュメンタリー映画"DOGTOWN&Z-BOYS"の監督ステイシー・ペラルタが脚本を書き、キャサリン・ハードウィック監督やスタッフが実際のメンバーから当時の様子を聞き、その時代の風景を細部まで徹底的に再現し、素晴らしい映像にした傑作。もちろん音楽もあっていた(Rise Againstも出演していたりする)。メインの3人の少年はトニー・ホークなどからスケボーを習い、本気でZ-BOYSになりきっていて、それぞれの個性が出ていてよかった。特典映像で彼らの個性を強調するような異なった撮り方をしていたり、スケボー専門のカメラマンが怪我をしながら迫力のある映像を撮っていたり、本当に映像を観ているだけでも面白い。

印象的だったのが、ジェイがステイシーやトニーのように金儲けに走らず故郷に戻ったシーンで、カリフォルニアのサンセットに向って朽ちかけた桟橋をスケボーで走りぬけ海に飛び込むんだけど、ジェイの生きざまが表現されたそのシーンが本当に美しい!やっぱジェイの生き方には惚れてしまう。

Z-BOYSオリジナルメンバーが撮ったドキュメンタリー"DOGTOWN&Z-BOYS"を合わせて観れば、スケボー革命を起こしたZ-BOYSの魅力を存分に味わえます!
Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。