Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Last Days
2007.10.13 (Sat) :
Last Days

"ラストデイズ"(2005/アメリカ/97min)ガス・ヴァン・サント

マイケル・ピット ルーカス・ハース アーシア・アルジェント ハーモニー・コリン キム・ゴードン

Rating 8/10

Introduction
人気絶頂の中、自ら命を絶った“ニルヴァーナ”のカート・コバーンの死に衝撃を受けたガス・ヴァン・サント監督が、その悲劇に到るまでの彼の心境に思いを巡らせて撮り上げたドラマ。カート・コバーンを彷彿とさせる架空の若き天才ミュージシャンを主人公に、自ら命を絶つまでの最期の2日間の姿を静かに見つめる。リハビリ施設を脱走し、森の中を彷徨うカリスマ・アーティストのブレイク。やがて彼は自分の別荘に辿り着く。そこには彼の取り巻き連中が常に居候していた。しかし、彼らがブレイクの心の叫びに耳を傾けることなど決してあるはずもなかった…。

Review
ガス・ヴァン・サント監督はGerry、Elephant、Last Daysを「Death Trilogy死の3部作」として、死をテーマにした作品を撮り、このLast Daysがその最後の作品となる。低予算で、会話やナレーションは最小限に、そして時間軸を交差させ、「砂丘」「学校」「家」などある一定の場所だけが舞台となっているのが特徴である。

ヴァン・サント監督の映画は静かで、観た後に穏やかな気持ちになる。それはElephantのときにも思った。主人公が意味不明なことをつぶやきながら、死にそうにゆらゆらと歩く。彼の周りにあるのは、石の屋敷、汚れた楽器やテレビ、そして静かな森と川。テレビに音楽が流れれば、1曲まるごと流し、ブレイクが湖畔に向かうシーンで彼がフレームアウトしたあとも、雑草が風に吹かれる画をゆったりとずっと撮り続ける。他の映画と違ってストーリーがどうというよりは、流れる画や音などを観て聴いてるうちに、頭の中でいろんなイメージが沸き、いつの間にかこの映画にのめり込む。人によっては退屈な映画かもしれないけど、私にとってはかなり楽しめる映画でした。

Trailer

Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。