Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

October Sky
2007.09.30 (Sun) :
October Sky

"遠い空の向こうに"(1999/アメリカ/108min)
ジョー・ジョンストン

ジェイク・ギレンホール クリス・クーパー クリス・オーウェン チャド・リンドバーグ ウィリアム・リー・スコット

Rating 9/10

"No. Coal mining may be your life, but it's not mine. I'm never going down there again. I wanna go into space." by Homer Hickam

Introduction
後にNASAのロケット・エンジニアになったホーマー・ヒッカムの自伝を基に、「ジュマンジ」のジョー・ジョンストン監督がロケットへの夢に賭けた若者たちの挑戦を描いたドラマ。1957年10月、ソ連が人類初の人工衛星スプートニクの打ち上げに成功した。ウエスト・ヴァージニア州の炭坑の町コールウッドで、その美しい軌跡を見ていた青年ホーマーは、自らの手でロケットを打ち上げたいと思い、級友3人とともに本格的なロケットづくりにとりかかった。

Review
夢やロマンが詰まった名作です。純粋でとても美しい。
少年たちの夢を追いかける姿、それを支える家族や地域の人々との関係が胸を打つ。久しぶりに泣いてしまった。

父親の怪我から、一度はロケットを諦め、家族を支えるため炭鉱で働くことを決めたホーマー。初めて炭鉱へ行くときに乗ったエレベーターからは、空一面に煌びやかな星とソ連のスプートニクが空を駆けていた。アメリカを支えてきた炭鉱採掘と宇宙を目指すロケットという、時代の境、そしてこの映画が重視していた対比が上手く描かれたとてもいいシーンだった。

最後のロケットをこの町に感謝の気持ちと共に捧げ、町の人々や家族が見つめる中、先生が入院している病院の窓からも見える程、空を突き抜けたロケット。本当に感動的でいい映画でした。

Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。