Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Test.jp
2007.05.22 (Tue) :
テストサイト

セルフチェック専門ウェブサイト「Test.jp」

Test.jpでは、自分がどんな人間なのかを診断できます。
簡単な質問に答えて「コントローラー」「アナライザー」「プロモーター」「サポーター」というタイプ分けし、
自分がどのようなタイプの人間で、コミュニケーションスタイルをもった人間なのかを知ることができます。
4択の質問が40問あるので、本当に暇なときでもやってみて!そんなことより、この絵が可愛いね!

テストサイト

合計スコアが高ければ高いほど、そこで述べられている特徴が強いと考えられます。
あなたの一番強い特徴、弱い特徴は何でしょうか?

特徴
アイデアが豊富でエネルギッシュで順応性が高いのが特徴です。その反面、計画を立てるのが苦手。また常に人に「影響を与えたい」とも思っています。話すときに、身振り手振りを多く用いたり、人を笑わせたりもします。新しいアイデアを提示して、周りを驚かせることもあります。

対人関係の特徴
一緒にいて楽しい人です。また自惚れ屋でお調子もの、話の展開が速いのも特徴です。規則や慣習にとらわれないため、周りと衝突することもあります。単調で長い話を嫌うため、ポイントを捉えた会話を望みます。また否定的な言葉や、強引な意見を苦手とし、逆に肯定的な言葉や信頼されていることが伝わってくるようなメッセージを受け取りたいと思っています。

関わる時の注意点
やり方を押し付けないこと。仕事を依頼するときは、ある程度、本人に任せましょう。問題の最重要点に意識を向けさせるようにし、問題は理論的に指摘します。否定的なアプローチはやめましょう。このタイプは制限されずに自由に語りたいと思っているため、なるべく会話の間口を広くしておくことが重要です。ただし、プライオリティを見失わないように注意しましょう。承認は言葉を選ばず、肯定的なメッセージを伝えることが大切です。リクエストや提案は、プロモーターの能力を評価しながら行うのが理想的です。

あなたがプロモーターなら
対コントローラー
雰囲気やムードで押しても影響されません。ムードは犠牲にしても、単刀直入に結論を話し、コントローラーの意見を率直に聞くようにするというスタンスで臨めば、信頼を得ることができるでしょう。

対アナライザー
プロモーターの表現は抽象的になりやすいため、アナライザーには特に意識して具体的な表現を使って話しましょう。目的や情報をしっかりと与えれば、強力なパートナーになるはずです。

対プロモーター
新しいこと、楽しいことが大好きなタイプ同士が顔をあわせると、互いのアイデアが刺激になって発想がどんどん広がります。しかし計画性や具体性に書けることが多いため、定期的にフォローすることが重要になるでしょう。

対サポーター
プロモーターはサポーターの前では安心して振舞うことができるため、つい相手に対しての気配りをおろそかにしてしまいがちです。適度な声かけや、承認を大切にし、必要ならば時間をさいてじっくりと話すことが重要です。

byharuki
おいらはサポーターだったよん。


特徴

温かく穏やか、人の援助を好む、決断に時間がかかる、直観力がある、感情に基づいて判断するといった特徴があります。このタイプは「周囲との合意」を何よりも大切にし、仕事の効率が落ちてしまうと分かっていても、合意を大切にする傾向があります。合意を得られている場合はモチベーションが上がり、得られていないとフラストレーションを感じるでしょう。
対人関係の特徴

他者の気持ちに敏感で、親密な関係を築く。また人の期待に応えるように行動します。拒絶されることを過度に避けるため、ノーと言えず、いい人になろうとしてしまうという特徴もあります。このタイプは話をするときも、それが相手の求めているものかどうかを心の中で確認し続けています。また圧倒的な態度をとられると、自分の話ができなくなる傾向もあります。
関わる時の注意点

時にはノーと断ることを提案してみましょう。また話している言葉以外の情報に注意を向け、やっていることを認めます。提案、要求をさせたり、このタイプが話しやすい環境、雰囲気を作ったりすることも重要です。質問は肯定的なメッセージを送ってから行いましょう。承認は日常的なねぎらいの言葉が効果的。また何でも引き受けてしまうサポーターの特徴を考慮し、ノンバーバルな点に注意して、要望や提案はないかと余裕をもって問いかけることが重要です。
あなたがサポーターなら

対コントローラー
コントローラーは話を聞いてほしいと思っています。あなたがコントローラーの外側の勢いにひるまず、できないことを断ったり、要求を伝えたりするようにすることが大切でしょう。
対アナライザー
アナライザーは感情表現が少ないため、不満を感じてしまうかもしれません。それを理解し、アナライザーとはじっくりとつきあうことが重要です。このタイプの組み合わせは行動が遅れがちなので、注意が必要になります。
対プロモーター
プロモーターに対しては、計画性、持続性、維持性などの視点からフォローして最後まで完了させるアプローチがポイント。ただしフォローが干渉に感じられるとプロモーターのモチベーションは下がるので注意しましょう。
対サポーター
見えないところでの努力をよく観察し、承認すること。この組み合わせはお互いの同意のもとに決断を下そうとするため、プロジェクトの進行のスピードが落ちることがあります。自分の責任で決定する意識を持つことが重要でしょう。


byuk
ハルさんお久しぶり!サポーターだったのね!
プロモーターはサポーターといると安心しすぎて気配りを忘れてしまうらしい!
あーなんかそんな感じもあるカモーネ 私気をつけるさー!

コメントを閉じる▲

byharuki
おいらはサポーターだったよん。


特徴

温かく穏やか、人の援助を好む、決断に時間がかかる、直観力がある、感情に基づいて判断するといった特徴があります。このタイプは「周囲との合意」を何よりも大切にし、仕事の効率が落ちてしまうと分かっていても、合意を大切にする傾向があります。合意を得られている場合はモチベーションが上がり、得られていないとフラストレーションを感じるでしょう。
対人関係の特徴

他者の気持ちに敏感で、親密な関係を築く。また人の期待に応えるように行動します。拒絶されることを過度に避けるため、ノーと言えず、いい人になろうとしてしまうという特徴もあります。このタイプは話をするときも、それが相手の求めているものかどうかを心の中で確認し続けています。また圧倒的な態度をとられると、自分の話ができなくなる傾向もあります。
関わる時の注意点

時にはノーと断ることを提案してみましょう。また話している言葉以外の情報に注意を向け、やっていることを認めます。提案、要求をさせたり、このタイプが話しやすい環境、雰囲気を作ったりすることも重要です。質問は肯定的なメッセージを送ってから行いましょう。承認は日常的なねぎらいの言葉が効果的。また何でも引き受けてしまうサポーターの特徴を考慮し、ノンバーバルな点に注意して、要望や提案はないかと余裕をもって問いかけることが重要です。
あなたがサポーターなら

対コントローラー
コントローラーは話を聞いてほしいと思っています。あなたがコントローラーの外側の勢いにひるまず、できないことを断ったり、要求を伝えたりするようにすることが大切でしょう。
対アナライザー
アナライザーは感情表現が少ないため、不満を感じてしまうかもしれません。それを理解し、アナライザーとはじっくりとつきあうことが重要です。このタイプの組み合わせは行動が遅れがちなので、注意が必要になります。
対プロモーター
プロモーターに対しては、計画性、持続性、維持性などの視点からフォローして最後まで完了させるアプローチがポイント。ただしフォローが干渉に感じられるとプロモーターのモチベーションは下がるので注意しましょう。
対サポーター
見えないところでの努力をよく観察し、承認すること。この組み合わせはお互いの同意のもとに決断を下そうとするため、プロジェクトの進行のスピードが落ちることがあります。自分の責任で決定する意識を持つことが重要でしょう。


byuk
ハルさんお久しぶり!サポーターだったのね!
プロモーターはサポーターといると安心しすぎて気配りを忘れてしまうらしい!
あーなんかそんな感じもあるカモーネ 私気をつけるさー!

コメントを閉じる▲
Comment
おいらはサポーターだったよん。


特徴

温かく穏やか、人の援助を好む、決断に時間がかかる、直観力がある、感情に基づいて判断するといった特徴があります。このタイプは「周囲との合意」を何よりも大切にし、仕事の効率が落ちてしまうと分かっていても、合意を大切にする傾向があります。合意を得られている場合はモチベーションが上がり、得られていないとフラストレーションを感じるでしょう。
対人関係の特徴

他者の気持ちに敏感で、親密な関係を築く。また人の期待に応えるように行動します。拒絶されることを過度に避けるため、ノーと言えず、いい人になろうとしてしまうという特徴もあります。このタイプは話をするときも、それが相手の求めているものかどうかを心の中で確認し続けています。また圧倒的な態度をとられると、自分の話ができなくなる傾向もあります。
関わる時の注意点

時にはノーと断ることを提案してみましょう。また話している言葉以外の情報に注意を向け、やっていることを認めます。提案、要求をさせたり、このタイプが話しやすい環境、雰囲気を作ったりすることも重要です。質問は肯定的なメッセージを送ってから行いましょう。承認は日常的なねぎらいの言葉が効果的。また何でも引き受けてしまうサポーターの特徴を考慮し、ノンバーバルな点に注意して、要望や提案はないかと余裕をもって問いかけることが重要です。
あなたがサポーターなら

対コントローラー
コントローラーは話を聞いてほしいと思っています。あなたがコントローラーの外側の勢いにひるまず、できないことを断ったり、要求を伝えたりするようにすることが大切でしょう。
対アナライザー
アナライザーは感情表現が少ないため、不満を感じてしまうかもしれません。それを理解し、アナライザーとはじっくりとつきあうことが重要です。このタイプの組み合わせは行動が遅れがちなので、注意が必要になります。
対プロモーター
プロモーターに対しては、計画性、持続性、維持性などの視点からフォローして最後まで完了させるアプローチがポイント。ただしフォローが干渉に感じられるとプロモーターのモチベーションは下がるので注意しましょう。
対サポーター
見えないところでの努力をよく観察し、承認すること。この組み合わせはお互いの同意のもとに決断を下そうとするため、プロジェクトの進行のスピードが落ちることがあります。自分の責任で決定する意識を持つことが重要でしょう。

haruki (URL) 2007/05/24 Thu 16:45 [ Edit ]
ハルさんお久しぶり!サポーターだったのね!
プロモーターはサポーターといると安心しすぎて気配りを忘れてしまうらしい!
あーなんかそんな感じもあるカモーネ 私気をつけるさー!
uk (URL) 2007/05/26 Sat 02:05 [ Edit ]












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。