Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30 Seconds To Mars Japan Tour 2007 @ duo MUSIC EXCHANGE
2007.05.08 (Tue) :
30 Seconds To Mars

30 Seconds To Mars
30 Seconds To Mars Japan Tour 2007
TOKYO 05.07 (mon) duo MUSIC EXCHANGE
feat. 30 Seconds To Mards
OPEN 18:00 START 19:00

Set List
01. A Beautiful Lie
02. The Battle Of One
03. From Yesterday
04. Savior
05. The Story
06. The Kill
07. The Fantasy

- Jared's Solo (Acoustic Set) -
08. Message In A Bottle
09. Capricorn (A Brand New Name)
10. Echelon
11. A Modern Myth

12. Attack

ジャレッド・レト率いる30 Seconds To Marsの初来日公演に行ってきました。渋谷のDuo MUSIC EXCHANGEに6時頃に到着。整理番号200とかで入場まで時間があり、会員証を見せるとステッカーを貰えるキャンペーンがあったのでステッカーを貰い、それからはずっとボーっと待っていた。このバンドのファンは7割女性で、ハリウッド俳優好きなおばちゃんもいたり、今までのライブとは雰囲気違かったし色んな人いた。

今回でduo MUSIC EXCHANGEは2回目。前のライブでは音が最悪で、見づらくて、あまりいい印象がなかった。それに、前の方で観ると音が悪いと聞いてたんで、今回は後ろに下がり、段になってるとこから観ることにした。写真でわかる通り大黒柱が邪魔だったり、結構この会場だと観る場所によって全然印象違うと思うんだ。

メンバーが出てきたのが、予定時刻の20分遅れとか。することもなく暇で眠気に襲われたが、急に照明が変わり、カルミナ・ブラーナというクラシックの曲が流れ、メンバーが登場。ベストポジションだと予想していた場所は、思ってた通り抜群!前に女の子がいるだけで、かなり観易い!一人感動。

ジャレッドはバラの束を持って登場し、前列のとこに渡したり、最後はどばっと左右に投げたり。メンバー全員がアイライナーして、ナルシストな雰囲気、そしてマスク付けてくるからね!向こうでマスク付ける習慣ないから、日本でのスタッフがマスクしてて、気に入ってつけてたとかかな?まあ、あくまで予想だけど。そして、A Beautiful Lieで演奏が始まった。だけど、始まったのに周りのノリが悪く、前に突っ込んで行こうかと思ったけど、如何せん観やすかったのでステイ。それに、前の方で聴いたときと違って、今まで行ったライブの中で一番音が聴きやすかった。

ジャレッドの容姿もパフォーマンスもちろんよかったけど、歌も叫びも上手かった。ここのパートはきちんと歌ったり、叫んで欲しいなってとこはきちんと抑えられたし、伸びのあるいい声だった。お気に入りのThe Killでの大合唱も凄かった!ここでサプライズがあり、その曲の途中で客席に飛び込んで消えたんだよね。一瞬視界から消えてたんで何してるんだろうと思いきや、自分の近くまでファンにもみくちゃにされながら来て、もうカオス状態。そんなサービスもあったりして、意外や意外ライブ楽しかった。途中でメンバーはけて、ジャレッドだけ出てきてアコースティックで1stアルバムの曲弾いたり、ポリスのカヴァーを弾いたり、ここでもうっとりするような美声で圧倒的だった。そして、他のメンバーがステージに戻り、ライブの締めにAttackをやってくれた。ジャレッド以外のメンバーはまったく喋らなかったけど、演奏よかったし、とくにジャレッド兄のドラム繊細かつパワフルで抜群だった。

曲数少なくて、ブーブー言ってる人もいたけど、結構満足!1stの曲もっと聴きたかったけど、Capricornやったからいっか。みんな目的が違うからか一体感とかなかったけど、今度TOCで激しいライブをまた魅せて欲しいね!
Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。