Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dustbox Tour 2006 "13 Brilliant Leaves" Final
2006.12.07 (Thu) :
dustbox Tour 2006


dustbox Tour 2006 "13 Brilliant Leaves" Final
12.06 (wed) Shibuya O-WEST
guest : HOT SQUALL/STOMPIN' BIRD
OPEN 18:00 START 19:00

Set List
01. Starting Line
02. Try My Luck
03. Daisy
04. Resistance
05. Stand by Me
06. Dreams are Reality
07. Loneliness
08. Hopes and Fears
09. RESET
10. Sun which never sets
11. All Up To Me
12. Bitter sweet
13. Time to wake
14. Pieces of my heart
15. September
16. Letter to my
17. Smile like a child
18. Shine bright
19. Next Story

EC.1
I remember you

EC.2
Promise You

疾走するメロディ、ストレートで温かい歌詞を歌う伸びのあるハイトーン・ヴォーカル、そして美しいコーラスに惹きつけられるメロコアバンドdustbox。夏に出た3rdアルバム『13 Brilliant Leaves』を引っさげ全国を周った今回のライブツアー。

コータに誘われて参加した今回のライブ。抽選で選ばれた、かなり貴重なライブに連れてってくれて、本当ありがとう!

渋谷に5時30分頃に落ち合って、お腹が空いてたこともありモスバーガーを食べ、ライブ会場へ。O-WESTは初めて行ったんだけど、天井は高いけど500人ほど入るぐらいの小さいハコでした。そして、入場して、まずコートたどかバックなどの荷物をロッカーにいれたくてロッカーの列に並んだはいいが、すでに全部使われておりというか、ほとんどロッカーがないのでしょうがなく他の人と同じく端に置いといた。ライブ行って盗難にあうとか、もう一生人を信じられなくなるような最悪な事態が起きないことを願ってライブ始まるの待ってました。

まずはゲストのHOT SQUALLとSTOMPIN' BIRDという音源聴いたことないバンドが出てきた。寝不足+授業のサッカーで異様に疲れてたのと、どちらもバンドもあまり好みじゃなかったこともあり、ボーっとバンドみてました。なんもしないで、ボーっと観てることほど腰に悪いもんはないね。とにかく早くdustbox出てきて、ライブに参加したい!ただただ登場を待つ。

ゲストのライブが終わり、dustbox登場前に前方へ移動。『13 Brilliant Leaves』の1曲目“Starting Line”が流れメンバーが登場!そしてアルバムの中でもお気に入りの“Try My Luck”次に“Daisy”で加速する!生で聴いたハイトーンのボーカルは凄かったのが印象的だった!そういえば、近くの女の子が10人ほどがドミノ倒しで倒れてしまった。まだスペースがあったからいいものを、こういうのは本当に危ないし、こっちも冷っとする。怖い怖い。

それからライブの方はツアーファイナルということもあり所々でゲストが登場した。HOT SQUALLとSTOMPIN' BIRDのメンバーがダイブしに来たり、中盤の“RESET”という曲では三編おさげの濃い顔の人がデス声で入ったり、メンバーのバイト先の知り合いのバイオリン奏者が出てきたり。新しいアルバムをそんな聴いてない自分としては『triangel』や『Mr.Keating』のEPに収録されている“Pieces of my heart”、“Next Story”、“Resistance”、“Loneliness”あたりが来たときは一気に爆発しました!最後の方は中央のほうにって暴れるのが好きそうな方々と踊りまくったのが今日一番楽しかったときだった。怪我さえしなけば楽しいし、そういう人たちと曲が終わって目が合うと笑顔になるし、そこに熱い友情を感じたりする。

途中入るMCもなかなかおもしろくて、ファンとメンバーが近くアットホームな感じだった。今日来ていたファンの人たちがバンドのことを愛していて、そしてバンドもファンを大切にしている感じ。今まで観てきたライブとは180度違うし、洋楽Rock好きの人と日本のインディーズ好きのノリもまた違っていた。はじめは変な抵抗感あったけど、こういう温かい感じもありだと最後は思った!

そして、ライブが終わり駅まで行く途中は本当最上級の疲労で倒れる寸前で家に帰れるかってぐらいやばかった。京王線に乗り下北まで行くときは、電車が揺れたり、人がぶつかるだけで食べたものをリバースしそうになった。いっそのこと殺してくれとも思ったけど、でもこれを乗り越えて家に帰らねばと耐えた!もうとにかく今日のライブの予習しててまったく寝なかったのがきつかった・・・。ライブ前はたっぷり寝て、ライブに備えないといけないね!もうあんな思いは嫌だー!!
Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。