Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Am I Ready?
2006.06.30 (Fri) :
今までまったく知らない人の掲示板とかにコメントすることなかったんだけど、アメリカのメロディック、エモ、スクリーモバンドの最新情報を載せてくれているお気に入りのブログにたまに書き込んだりしてんだよね!みんなは意外と友達以外の掲示板とかに書いてたりするのかな?なんか、自分はネットしててもその先に顔見知りの友達がいるって感じだったから、そのブログの管理人さんから返事とか来ると今までにない喜びがあるんだよね!趣味が合う人ってのはいいよ!学校にはそんな友達いないから、自分の意見を聞いて理解してくれるってのは嬉しい!これがネットの本来の役目だったりするのかもね。

今日はリレー講義という授業の日。毎回違う講師が来て、専門的な話をしてくれる。例えば、先週は薬物で捕まった元通信社の若手エリートが薬物について自分の人生も踏まえて語ってくれた。今回は大学生活について!

大学生活の4年間をどう過ごすか、本当それは楽しみでもあるし、反面その過ごし方によって社会に出たときにその経験が重要になってくると思うと正直怖い。

現在TBSで働く元中大の女性がその人の大学時代を語ってくれた。

ドイツ文学をきっかけに留学、人との出会いを求めピースボートという世界各国からテストで合格した12人だかが世界一周をするというイベントに参加したとか、インターシップで外資系、日本、ベンチャー企業に行ったとか、就職でメディアを受けまくって苦労して諦めかけたときにTBSから内定もらったとかそういう話

正直この話聞いて、ちょっとへこんだ!!

この女性が意識高いし、自分にはない行動力・・・悔しいなあ!!

でも、人のマネした生き方をしないでいいと思うし、自分なりに楽しみ、やるべきことをやり、そして新しいことに挑戦していければいいと思う!ここで重要なのがやっぱ計画だとつくづく思う!本当大学4年間無駄にしたくない そんな思いが強くなった日!それと、海外経験が自分にとっての大きな武器であること それをどう使いこなすか 錆びらせないか 

こういう向上心が継続できたらといつも思う

4年後大学生活に悔いがないと言える日々を送ろう
Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。