Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chapter 27
2009.09.18 (Fri) :
Chapter 27
"チャプター27"
(2007/カナダ・アメリカ/85min)J.P.シェファー
Rating 6.5/10




Introduction
1980年12月8日に起きた、元ビートルズのジョン・レノン殺害事件の真相を追った衝撃作。殺害犯マーク・デイヴィッド・チャップマン本人に取材した「ジョン・レノンを殺した男」を基に、彼が凶行に及ぶまでの3日間の経緯を描く。

Review
ジョン・レノン殺害した男マーク・デイヴィッド・チャップマンを描いた映画。ジョン・レノンが殺害された時代に生きていない自分にとっては、この映画によって事件を詳しく知ることができた。

この作品はチャップマンがジョン・レノンをいかに崇拝していたかという点よりも、愛読書であった「Catcher In The Rye(邦題:ライ麦畑でつかまえて)」が彼にどう影響したか、またシンクロしているかという点に焦点があったている。この作品ではチャップマンが「Catcher In The Rye」同様に主人公本人がストーリーを私たちに語る。本の中で、ホールデンがンが私たちに自分の過去は一切話す気がないと言い放ち本編に入るように、映画でもチャップマンが同じことを言い本編が始まる。このように映画の構成までもこの本に合わせて工夫されている。

チャップマンはNYで過ごした時間の中で、あたかも自分がホールデン・コールフィールドを演じるようになる。「インクの中に入っていく」という発言があったほど、彼は現実逃避し本に逃げ込んでいた。ホールデンがNYを放浪し汚い大人たちと出会い、その人たちを偽善者だと呼んだように、チャップマンもNYや社会に嫌気をさしていた。そして、チャップマンはホールデンの思想や行動が自らと重なるたびに、「これは偶然なんかじゃない」と独り言をぶつぶつと言う。「Catcher In The Rye」は26章までの話であり、タイトルの27章というのはチャップマンがホールデンとなり、ジョン・レノンの血で書き綴られた章となる。

チャップマンがジョン・レノンを殺害にあたるキッカケとなったのがある雑誌であった。NYで、たまたま立ち寄った本屋で買った雑誌「Esquire」に載っていたジョン・レノンのインタビューが彼を狂わす。インタビューでジョン・レノンは、チャップマンのような労働階級には到底買えないような豪邸や車、いくつもの会社を所有していること、そして何億という財産があることを語っていた。愛と平和の象徴であるジョン・レノンがそのようなことを語ること自体、チャップマンにとって裏切り行為であり、ジョンは偽善者だと怒り狂った。ホールデンが「偽善者は殺さなければならない」というその言葉に導かれチャップマンはジョン・レノン殺害を決心した。

映画では、ジョン・レノン殺害寸前のチャップマンの心の揺れが狂気的に描かれており、その後迎える終幕に向け最高の盛り上がりを迎える。善と悪が表裏一体となり、悪がチャップマンを支配するシーンは恐ろしかった。だが心の叫びが痛々しく、そして悲しかった。

この映画は、服役中の殺人犯が主役だ。そんな映画かつてないと思う。それだけ、この事件は世界中の人々にとって印象的なものであり、不可解なものなのだろう。この人はただ「Catcher In The Rye」の主人公になりきり、世界的なスターであるジョン・レノンを殺して一躍有名になろうとしたナルシストなのかもしれない。ウソばっかつく犯人だから何が真相かさっぱりわからないから、そこがまた人びとがこの犯人に注目するのかもしれない。この作品は真実に忠実に描き、犯人を美化するものでもない。また「Catcher In The Rye」と同じ構成でストーリー作ったアイディアが素晴らしかった。

Trailer


→Hide More

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。