Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Good Night, and Good Luck
2009.03.28 (Sat) :
Good Night, and Good Luck
"グッドナイト&グッドラック"
(2005/アメリカ/93min)ジョージ・クルーニー
Rating 8/10



Introduction
1953年、米ソの冷戦が激しさを増す中、アメリカ国内ではマッカーシー上院議員を旗頭に、国内の共産主義者の徹底した排除活動が行なわれていた。しかしその標的は、いまや政府に少しでも楯突く者すべてに及んでいた。一般の市民はおろか、マスコミさえもが恐怖の前に沈黙してしまう。そんな中、CBSの人気キャスター、エド・マローとプロデューサーのフレッド・フレンドリーはある重大な決断をする。

Review
言論の自由が失いかけたアメリカで、権力に果敢に立ち向かったジャーナリスト エドワード・R・マローの話です。社会情勢は今と異なっていても、テレビ番組のあり方というものを伝える素晴らしい映画です。

この映画は当時の政治状況を映し出す。アメリカ国内で中国やソ連の共産主義に対する危機感から、【赤狩り=共産主義者の追放】が行われた。国の威信にかけ赤狩りの陣頭指揮を執ったのが共和党議員のジョセフ・レイモンド・マッカーシー。この赤狩りが強引に行われた為、法外で人権を無視していた。しかし、赤狩りを批判することは自らが共産党員だと名乗り出ることになり、野放しになっていた。

こういう背景の下、テレビ局は議論を巻き起こす赤狩りを批判することができなかった。敏感な問題なだけに、誤った報道をすれば協賛してくれているスポンサーや政治家から見放されてしまうからだ。このように機能を果たさない他の報道機関に相対し、果敢にマッカーシー批判を行ったのがエドワード・R・マローだった。ホストを努める『See It Now』でマッカーシー批判を繰り広げたことで、結果視聴者から支持を得て赤狩りは終焉を迎える。

「もしテレビが娯楽と逃避のためだけの道具なら、もともと何の価値も無いということですから。テレビは人を教育し啓発し、心さえ動かします。だが、それはあくまでも使う者の自覚しだいです。それが無ければテレビはメカの詰まったただの箱なのです。グッドナイトそしてグッドラック」

Trailer


→Hide More

スポンサーサイト

Fire Under the Snow
2009.03.15 (Sun) :
Fire Under the Snow
"雪の下の炎"
(2008/アメリカ・日本/75min)楽真琴
Rating 8/10



Introduction
『雪の下の炎』は、チベット僧パルデン・ギャツォが生まれた1933年に遡り、中国の侵略によって始まった悪夢を追いかける。パルデンは生い立ちから、理不尽な投獄の背景、そして33年間に渡る苦痛の日々を静かな口調で淡々と語る。また、パルデンの友人や元政治囚、フリー・チベット活動家の証言を加え、過去の記憶に苛まれる現在のパルデンを描きだす。

Review
牢獄で死を迎えた仲間、そして自由を奪われ暮らす人々の為に国際社会に訴える僧侶。33年間牢獄でさえ彼の心は折れず、断食を13日間続け、北京五輪の中止を訴えるハンストを行うなど国家と闘い続けている。

私たちと同じ時代を生きる人が、苦しみ傷ついてる。生き証人である一人のチベット僧を通して伝えられるメッセージ。この問題は過去でもなく、現在進行形で続いてる。この作品は、チベット問題に対する注目度を高めるし、私たちがどのようの役割を果たすべきか考える機会となるので是非観て下さい。

Trailer


→Hide More


WINDHORSE
2009.03.14 (Sat) :
WindHorse
"風の馬"
(1998/アメリカ/97min)ポール・ワーグナー
Rating 4/10



Introduction
世界中から注視されているチベットには、報道規制により、現在外国からのカメラが入ることは許されない。『風の馬』は1998年前に、チベットのラサやネパールで監視の目をかいくぐり撮影された劇映画である。

Review
中国の侵略によって自由を奪われたチベットが舞台の映画。主要人物は、中国人の恋人の力で歌手デビューするドルカ、その妹から金をもらい中国への抗議活動をするドルジェ、そして、出家生活を送る僧侶で従妹のペマの3人。故郷で平和に暮らしていた3人だが、チベットで禁止されていたダライ・ラマへの信仰が当局に見つかり、ペマは拷問を受ける事態となり話が急変する。希望や自由への祈りを忘れ生きていた自分たちが本当に望むこととは何か?心に問いかけ、そして兄妹は生活を捨て当局と戦うことを決意する。

10年前に作られた映画だけど、現在もなおチベットでの状況は変わらない。この映画はチベットで続く中国の弾圧を知るキッカケになると思います。自分も映画を観てはじめて知ったことが多々あった。例えば街は監視カメラで当局への抗議活動を注視されていたり、監獄の看守は中国が雇ったチベット人だったり、当局は寺院や家庭にダライ・ラマの肖像の掲示がされていないか抜き打ち検査を行っていたりする。チベット国内で抗議活動は行えないから、結局は外国の政府が中国に圧力をかけるしかないんだろうね。このままでは本当、チベットの人たちは安心して暮らすことなんてできないよ。

この映画自体は、チベット問題やチベットの人の想いを知るにはおすすめです。ただ、演技や演出が胡散臭くて、どうもBSでやっているアジアドラマにしか思えなかった。この映画と同時上映された『雪の下の炎』は、実際に30年間監獄にいた僧侶が語るドキュメンタリーなので、チベット問題を詳しく知りたい人はこちらがおすすめです。

Trailer



→Hide More


種まき失敗
2009.03.14 (Sat) :
青ちりめんしそ2

土にガーゼをつけたまま、その上に種をまいてしまって、いきなりの失敗!なんかおかしいと思ったんだ。
とういうことで、ガーゼをとってきちんと土に種をまいたのでこれからです。とりあえず、芽が出るのを待って、一週間後とかに鉢に植え替えます。がんばって伸びろー!
みんなで野菜を育てよう!
2009.03.11 (Wed) :
青ちりめんしそ1
今日から「青ちりめんしそ」を育てます!
なので、小学校の頃みたいに成長日記を書いていきたいと思います。

ちなみに、三ツ矢サイダー買ったら種と土が付いてくるよ。
飲み物に種をつけるなんて、いままでにないよね?おもしろいことするね。

みんなも就活忘れて野菜を育てよう!

気になるひとはアサヒ飲料の野菜ガーデニングセット公式ページへ

Swimming Pool
2009.03.09 (Mon) :
LOCK,STOCK AND TWO SMOKING BARRELS
"スイミング・プール"
(2003/フランス・イギリス/102min)フランソワ・オゾン
Rating 4/10



Introduction
創作活動に行き詰まっていたイギリスの女流ミステリー作家サラはある夏の日、出版社社長ジョンの勧めで南仏の彼の別荘を訪れる。そこは明るく静かで、誰にも邪魔されずに執筆できる最適な場所だった。しかし、サラがいよいよ仕事に取り掛かろうとした矢先、社長の娘ジュリーが別荘にやって来る。裸でプールを泳ぎ、毎夜男を連れ込んでは嬌声をあげるジュリーに苛立ち筆が進まないサラ。だがやがてサラは、ジュリーの若さと妖艶な振る舞いに強い刺激を受け、いつしか彼女をモデルに物語を紡ぎ始めるのだった…。

Review
女性の心理がにじみ出たドラマかと思いきや、最後の最後にミステリー映画だと気づかされる。謎が多い物語でいろんな解釈があると思う。現実と妄想が平行線上にある物語で所々混乱する。観終わってからの謎ときはおもしろいけど、ストーリーは火サスだよね。

Trailer


→Hide More


Stoned
2009.03.09 (Mon) :
Fight Club
"ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男"
(2005/イギリス/103min)スティーヴン・ウーリー
Rating 6/10



Introduction
ザ・ローリング・ストーンズの創始者で、初期の頃はリーダーを務めていたブライアン・ジョーンズ。だがメンバーとの音楽性の違いや、バンドのファンだったアニタからドラッグを教えられ、中毒と化した彼は次第に孤立。さらにアニタにまで見切りをつけられ、ブライアンは英国の田舎に購入した家でダラダラと日々を過ごすように。そんな彼の家の改装を行うことになった建築業者のフランクは、わがままなブライアンの言動に振り回されていくのだが…。

Review
この作品はストーンズと恋人から見放され精神的に病んでいくブライアン・ジョーンズ最期の姿を映し出す。そして建築業者のフランクがなぜブライアン・ジョーンズをプールに沈めたかっという話。

たぶん、フランクが狂い、殺した事実が主題みたい。だけど、実験的な人生を送るブライアンとその実験に振り回されるフランクの2つの視点で描いたせいでどっちつかずという印象。人物像をもっと掘り下げてくれたら、もっと映画に引き込まれた気がする。だから、ストーンズのファンでないと理解できないとこがあるんだろうね。

Trailer


→Hide More


Face to Face - Disconnected
2009.03.07 (Sat) :


90年代PUNKの名曲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。