Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドキュメント 戦争広告代理店
2008.10.24 (Fri) :
ドキュメント 戦争広告代理店

高木徹 『戦争広告代理店』 講談社 2002.6



広告・宣伝論という授業で、高木徹さんの『戦争広告代理店』を参考文献として紹介されていたので読みました。

あらすじ
これまでの戦争では、主に政府主導で戦争宣伝が行われてきた。それが、ボスニア紛争に入ると、一企業であるアメリカのルーダー・フィン社というPR会社が世界を動かすことになる。本書では、ボスニア外相が軍事介入を求めアメリカに下り立つとこから、PR会社との出会いによっていかにボスニアが世界から支援を受けるようになったか描いている。

PR企業先導の戦争
国民から支持を得ていようが、どんなにハイテクな武器を保有していようが、国際世論を味方につけなければ戦争に勝ちようがない。勝ったとしても、国際社会からの非難は避けられない。PR会社が作り出した「民族浄化をおこなう非道なセルビア」―「多民族国家を目指す民主主義のボスニア」という図式は、戦時中のみならず、戦後復興にも大きく影響した。セルビアはNATOの空爆によって、街には瓦礫の山が以前残っている。ボスニアは一方で国際社会から金や人材といった援助を得て華やかな街並になっている。PR戦略が一歩でも遅れることはすなわち負けに等しい。ボスニアのことわざ「泣かない赤ちゃんはミルクをもらえない」というのはまさに現代の情報戦を表している。

情報操作は見破れるか?
戦争のみならず、政府や企業、個人までありとあらゆる場面でPR会社が裏で動いているかもしれない。顧客の利益だけを追い求めるPR会社は、弱者を救うかもしれない、しかし悪事を隠すことに手を差し伸べることも十分考えるられる。情報操作に騙されないことが当たり前のように重要なんだけど、裏で動いているPR会社の思惑を読むことは相当難しい。それもリアルタイムで起こっていると、情報源が少なくてなおさらわかるはずもない。これが現状であり、私たちが受ける情報は、何か意図が含まれているのかもしれない。割り切って、報道に中立性などないと考えるべきである。色んな角度から、物事の全体像を把握するしかないだろう。

この本は、広告宣伝、政治、戦争、ジャーナリズムなんかに興味のある人におすすめ。

ルーダー・フィン社のメディア戦略まとめ
・スポークスマンとなるボスニア外相がメディアに露出する際に、コメントの内容、表情や立ち振る舞い、間の取り方まで演出。
・マス・メディアが食いつくキーワード「民族浄化」「強制収容所」といったバズ・ワードを生み出す。偽るのではなく、いかに事象を誇張するか
・ジャーナリストがすぐに記事にできるよう情報を簡潔にまとめ資料を配る。
・政権、議会、メディアの一つを動かすことができれば、他も同調させることができる。政権が渋れば、メディアを動かし世論を味方にすることで、政権を動かざるえない状況に追い込む。


→Hide More

スポンサーサイト

Run Granny Run
2008.10.24 (Fri) :
Run Granny Run
"ドリス、94歳の選挙戦"(2007/アメリカ/79min)マルロ・ポラス
Rating 8/10

"Democracy is not something we have, but something we do."



Introduction
グラニーDことドリス・ハドックは、企業と癒着し、利権に縛られた米国の選挙に、草の根運動で市民に疑問を投げかけ続けていた。2004年、米国市民の間でも親しまれる存在となっていた彼女は、94歳にしてニューハンプシャー州の州議員に最初で最後の出馬を決意する。だが、彼女を推薦した民主党は、彼女を捨て駒とみなし、支援を拒む。限られた資金と準備期間。対立候補は強固な支持基盤を持つ現役議員。TV討論会でも失敗は許されない…。プレッシャーに耐えながら、家族や支援者とともに彼女は4ヶ月の選挙戦を駆け抜ける。

Review
このドキュメンタリーでは、一市民であるグラニーDが選挙戦をいかに戦ったか、その舞台裏に密着している。選挙戦に向けた戦略会議やテレビ討論会に向けた練習模様から、ベッドで神に祈る姿まで、選挙期間ずっと帯同している。例えばグラニーDが討論会に向けた練習で何度も言葉に詰まって硬直してしまったり、選挙当日に家を出ようと思ったら入れ歯を入れ忘れてたりと、とても人間味あふれる、飾らない表情が出ている。そういう身近な存在に感じれるとこが、アメリカ人の多くに愛される理由なんだろうね。身近な存在であり、アメリカ政治を真剣に考える彼女の生き方も多くの人が感銘したんだろうね。そんなグラニーDの活動を通して、アメリカ政治の問題点を描いた作品です。

この選挙戦では、欲や腐敗した勢力を「一市民」であるグラニーDがどういった選挙戦略をして打ち負かすが見どころ。アメリカの選挙では、幅広くPR活動をするために、利益団体からの寄付金が鍵となっている。近年のアメリカ政治は利益団体の影響が大きく反映されている。言い方を変えれば、お金さえ多くを持っていれば少数であっても自分たちの利益のために政治を動かすことができるということ。多額の支援金があれば、政治家としてはキャンペーンを幅広く行えるので、利益団体からの支持を得ようとする。その結果、富のあるものが優遇される社会になってしまった。

この現代アメリカ政治に危機感を覚え、グラニーDは立ち上がった。誰もが声を上げ意見を言える国にしたいと真の民主主義を市民に訴えるため、彼女の生きる目的である「自分の国」のために選挙に出ることだと決心した。社会参加をすることで、民主主義が成り立つんだと自らの生き方で示した。約1世紀を生きた彼女。アメリカ社会、自然やそこに住む人々の変化すべてを肌で感じてきたからこそ、失ってはいけないものを守ろうと思ったんだろうね。日本に住む私たちだって、同じ民主主義国家に住んでいるんだから、彼女の活動を通して政治を考えてみるといいかも。だから、多くの人に見てもらいたいドキュメンタリーです。

Trailer


→Hide More


Tsotsi
2008.10.18 (Sat) :
Tsotsi
"ツォツィ"(2005/英・南アフリカ/95min)ギャヴィン・ フッド
Rating 3/10



Introduction
アパルトヘイト廃止から10数年経った今もなお残る差別や格差社会に苦しむスラム街のツォツィ。社会の底辺で暴力に明け暮れてきた少年が、生後間もない赤ん坊と出会ったことで人間性に目覚めてゆく姿を描く。

Review
とても違和感がある映画であった。スラム街を、クレーンを使って高い位置から全体像を撮ったり、主要キャラクターの顔のアップが多かったり、映像にエフェクトをかけたりしてて、嘘くさかった。社会問題、とくに貧困などを取り上げる場合は映画「イン・ディス・ワールド」のマイケル・ウィンターボトム監督のようにフィクションではあるけど、その社会状況に沿ってリアルに近づける趣向をとるべきだと思う。

話自体もうさんくさい。彼が人間性に目覚めるためにほかの人が傷ついて悲惨な運命を辿る。主人公中心な物語が気に食わない。少年は障害者を襲ったけど、人間性を取り戻しラストではお金を渡す。見ず知らずの家庭を壊し、赤ちゃんを誘拐したけど、最後にはこの赤ちゃんはもとの家族に返すべきだと気付き愛を知った少年として描かれる。どんな悪人にも善は存在するという性善説をとっているが、こういうありきたりの展開を全面に出さなくていい。あまりに強引すぎる展開に引いてしまった。

それに少年が生まれ育った環境や生い立ちがよくわからなかった。南アフリカを舞台にしたのなら、もっと社会状況を反映した話にするべきである。貧困が社会問題にある国ならどこでもよかったはず。なぜ南アフリカでなければならなかったのかわからなかった。

Trailer


→Hide More


TENDER MERCIES
2008.10.18 (Sat) :
TENDER MERCIES
"テンダー・マーシー"(1982/アメリカ/87min)ブルース・ベレスフォード
Rating 7/10



Introduction
テキサスのモーテル。マック・スレッジは、若く美しい未亡人ローザに雑用係として雇われる。かつては有名なカントリー・シンガーだったが、結婚生活に失敗、酒浸りの日々だったが、ローザと息子サニーとの触れ合いで何かを取り戻そうとしていた。元の妻に娘と会わせてもらえず、やりきれない気持ちになるマックだったが、若手のカントリー・バンドに曲を提供した事がきっかけとなり、レコード・カムバックの話が持ち上がる。すべてがうまく行きかけたかに見えたが……。

Review
古き良きアメリカ文化が残る南部の生活が上手く描かれている。南部に住む人々は小売店、モーテル、農業などに勤しむj。教会の礼拝では聖歌隊が集まり賛美奉仕を行い、夜はダンス・フロアーがあるカントリー・バーに集まり生バンドが奏でる音にのりながら踊る。父親は妻や子供を大切にする一方で、離婚問題やアルコール依存症によるDVなどの問題がある。そのようなアメリカ南部の淡々としたシンプル・ライフが、とても静かに、ゆったりと流れていく。古い映画ですが、アメリカ文化や価値観を知れるいい映画だと思います。


→Hide More


MATANDO CABOS
2008.10.18 (Sat) :
MATANDO CABOS
"カクタス・ジャック"(2004/メキシコ/98min)アレファンドロ・ロサーノ
Rating 6.5/10



Introduction
ジャック(トニー・ダルトン)が街の権力者であるカボス(ペドロ・アルメンダリス)を訪ねると、ひょんなことでカボスが気絶してしまう。彼がその処置に追われる一方、カボスへの復讐(ふくしゅう)を企むボッチャ(ラウル・メンデス)はカボスを誘拐するが、誘拐したのはまったくの別人だったことが判明し……。

Review
人違いから起こる事件。この映画に登場する人物は、裏社会を牛耳る権力者カボス、カボスを恨む旧友の清掃員、カボスに嫌われながらもカボスの娘と付き合うジャック、カボスに復讐するためカボスを誘拐をするボッチャ。この4人の思惑が交差し、意図に反し複雑な関係となる。この関係に至る展開がとてもおもしろい。その冒頭以降は個性的なキャラクターが登場したり、カーチェイスがあったりして、ちょっと大ざっぱな展開になってしまっている。複雑な関係がいつの間にか単純なものになっていて、冒頭で期待しすぎた自分としていまいちだった。

Trailer(spanish)


→Hide More


Dinner Rush
2008.10.16 (Thu) :
dinner rush
"ディナーラッシュ"(2001/アメリカ/99min)ボブ・ジラルディ
Rating 7.5/10



Introduction
冬のニューヨーク、トライベッカ。イタリアン・レストラン“ジジーノ”のオーナー、ルイは、長年のビジネスパートナー、エンリコがギャングに殺害されたことを知り気分が滅入っていた。もう一つルイを悩ませていたのは、彼の息子ウードの存在。イタリア帰りのこのチーフ・シェフは、ルイの反対を押し切り、伝統的な家庭料理で街の人々に愛されてきたこの店を、おしゃれな人々が集うトレンディ・レストランへと変えてしまったのだった。やがて日が沈み、今日もまた厨房もフロアも様々な思惑が錯綜する<ディナーラッシュ>の時間がやって来た。しかし、今日はいつもとどこか様子が違っていた……。

Review
繁盛するレストラン内で起きる群像劇です。店のオーナーであり父親のルイに店の経営をすべて任せるよう迫るスターシェフ・ウード、賭博に負けた副コックを脅すギャング、長時間待たされウエイターにあたる芸術家、シェフと寝た有名評論家、どんなクイズにも答えてしまうバーテンダーと一人たたずむ男、ゲイ、セクシーなアジア人、口にピアスをしているウエイターなどなど個性的なキャラクターが登場する。そのキャラクターたちそれぞれのエピソードもバランス良く散りばめられ、複雑に絡む人間関係がおもしろい。それでいて、テンポよくその勢いでラストまで駆け抜ける!気軽に楽しめる映画でおすすめ。

Trailer


→Hide More


Hollywood Ending
2008.10.06 (Mon) :
Hollywood Ending
"さよなら、さよならハリウッド"(2002/アメリカ/113min)ウディ・アレン
Rating 7/10



Introduction
アカデミー賞を2度獲得した実績を持ちながら、今ではすっかり落ちぶれてしまった神経症気味の映画監督ヴァル・ワックスマン。そんな彼のもとにある日、「眠りなき街」というハリウッド映画の話題作の監督という願ってもないオファーが舞い込む。しかし映画のプロデューサーはヴァルの元妻エリー。しかも製作会社の重役ハルは、エリーを寝取った張本人だった。とはいえ再起の絶好のチャンスを逃すわけにはいかず、正式契約に漕ぎ着けるヴァル。ところがクランクインの前夜、ヴァルは突然、心因性の失明状態になってしまうのだった…。

Review
どうしようもないウディ・アレン演じるヴァル監督がコミカルな動きとか皮肉たっぷりの会話がおもしろい。ストーリーはアメリカでヒットする家族再生ものであれ、都合のいい恋愛、フランスで受ける芸術性、ハリウッドの儲け主義なんかを皮肉ったもの。批判するアイディアが先行したのか、ストーリーは変人ならなんでもありうるというごちゃごちゃしたストーリーになっててどうも受け付けなかったかな・・・。


→Hide More


湘南巡り#1
2008.10.03 (Fri) :
湘南#1

fotologue: gallery 更新10/3

日向ぼっこにさいてきな日。すがすがしい秋風を切りながら、鵠沼海岸-七里ヶ浜をゆったりサイクリング。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。