Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

購入CD 5/27
2007.05.29 (Tue) :
Smartpunk

Smartpunkで注文したCD
・Circa Survive / On Letting Go
・Before Their Eyes / Before Their Eyes
・Gone Baby Gone / Hang-ups & Phobias
・The Dear Hunter / Act II: The Meaning Of, And All Things Regarding Ms. Leading
・The Sound Of Animals Fighting / We Must Become The Change We Want To See

おまけで付いてきたサンプラーやポスターそれとステッカー
・Equal Vision Records Summer 2007 Sampler
・trustkill presents Your Favorite New Bands For 2007
・New Music From Strike First Records And Facedown Records
・The Fall Of Troy / Gone Baby Gone - Posters
・The Dear Hunter Sticker

帰国前に一度頼んで以来、Smartpunkでお買い物!おまけがいっぱいさー!
欲しいCDが何枚かあったので、向こうで頼んだ方が安いし、確実に手に入るからさ。満足満足!
今日は久しぶりの学校で、やる気が出なくてどうしようもなかったから、家帰って届いてて元気出てきたー!!
スポンサーサイト

Test.jp
2007.05.22 (Tue) :
テストサイト

セルフチェック専門ウェブサイト「Test.jp」

Test.jpでは、自分がどんな人間なのかを診断できます。
簡単な質問に答えて「コントローラー」「アナライザー」「プロモーター」「サポーター」というタイプ分けし、
自分がどのようなタイプの人間で、コミュニケーションスタイルをもった人間なのかを知ることができます。
4択の質問が40問あるので、本当に暇なときでもやってみて!そんなことより、この絵が可愛いね!



テストサイト

合計スコアが高ければ高いほど、そこで述べられている特徴が強いと考えられます。
あなたの一番強い特徴、弱い特徴は何でしょうか?

特徴
アイデアが豊富でエネルギッシュで順応性が高いのが特徴です。その反面、計画を立てるのが苦手。また常に人に「影響を与えたい」とも思っています。話すときに、身振り手振りを多く用いたり、人を笑わせたりもします。新しいアイデアを提示して、周りを驚かせることもあります。

対人関係の特徴
一緒にいて楽しい人です。また自惚れ屋でお調子もの、話の展開が速いのも特徴です。規則や慣習にとらわれないため、周りと衝突することもあります。単調で長い話を嫌うため、ポイントを捉えた会話を望みます。また否定的な言葉や、強引な意見を苦手とし、逆に肯定的な言葉や信頼されていることが伝わってくるようなメッセージを受け取りたいと思っています。

関わる時の注意点
やり方を押し付けないこと。仕事を依頼するときは、ある程度、本人に任せましょう。問題の最重要点に意識を向けさせるようにし、問題は理論的に指摘します。否定的なアプローチはやめましょう。このタイプは制限されずに自由に語りたいと思っているため、なるべく会話の間口を広くしておくことが重要です。ただし、プライオリティを見失わないように注意しましょう。承認は言葉を選ばず、肯定的なメッセージを伝えることが大切です。リクエストや提案は、プロモーターの能力を評価しながら行うのが理想的です。

あなたがプロモーターなら
対コントローラー
雰囲気やムードで押しても影響されません。ムードは犠牲にしても、単刀直入に結論を話し、コントローラーの意見を率直に聞くようにするというスタンスで臨めば、信頼を得ることができるでしょう。

対アナライザー
プロモーターの表現は抽象的になりやすいため、アナライザーには特に意識して具体的な表現を使って話しましょう。目的や情報をしっかりと与えれば、強力なパートナーになるはずです。

対プロモーター
新しいこと、楽しいことが大好きなタイプ同士が顔をあわせると、互いのアイデアが刺激になって発想がどんどん広がります。しかし計画性や具体性に書けることが多いため、定期的にフォローすることが重要になるでしょう。

対サポーター
プロモーターはサポーターの前では安心して振舞うことができるため、つい相手に対しての気配りをおろそかにしてしまいがちです。適度な声かけや、承認を大切にし、必要ならば時間をさいてじっくりと話すことが重要です。


→Hide More



byharuki
おいらはサポーターだったよん。


特徴

温かく穏やか、人の援助を好む、決断に時間がかかる、直観力がある、感情に基づいて判断するといった特徴があります。このタイプは「周囲との合意」を何よりも大切にし、仕事の効率が落ちてしまうと分かっていても、合意を大切にする傾向があります。合意を得られている場合はモチベーションが上がり、得られていないとフラストレーションを感じるでしょう。
対人関係の特徴

他者の気持ちに敏感で、親密な関係を築く。また人の期待に応えるように行動します。拒絶されることを過度に避けるため、ノーと言えず、いい人になろうとしてしまうという特徴もあります。このタイプは話をするときも、それが相手の求めているものかどうかを心の中で確認し続けています。また圧倒的な態度をとられると、自分の話ができなくなる傾向もあります。
関わる時の注意点

時にはノーと断ることを提案してみましょう。また話している言葉以外の情報に注意を向け、やっていることを認めます。提案、要求をさせたり、このタイプが話しやすい環境、雰囲気を作ったりすることも重要です。質問は肯定的なメッセージを送ってから行いましょう。承認は日常的なねぎらいの言葉が効果的。また何でも引き受けてしまうサポーターの特徴を考慮し、ノンバーバルな点に注意して、要望や提案はないかと余裕をもって問いかけることが重要です。
あなたがサポーターなら

対コントローラー
コントローラーは話を聞いてほしいと思っています。あなたがコントローラーの外側の勢いにひるまず、できないことを断ったり、要求を伝えたりするようにすることが大切でしょう。
対アナライザー
アナライザーは感情表現が少ないため、不満を感じてしまうかもしれません。それを理解し、アナライザーとはじっくりとつきあうことが重要です。このタイプの組み合わせは行動が遅れがちなので、注意が必要になります。
対プロモーター
プロモーターに対しては、計画性、持続性、維持性などの視点からフォローして最後まで完了させるアプローチがポイント。ただしフォローが干渉に感じられるとプロモーターのモチベーションは下がるので注意しましょう。
対サポーター
見えないところでの努力をよく観察し、承認すること。この組み合わせはお互いの同意のもとに決断を下そうとするため、プロジェクトの進行のスピードが落ちることがあります。自分の責任で決定する意識を持つことが重要でしょう。


byuk
ハルさんお久しぶり!サポーターだったのね!
プロモーターはサポーターといると安心しすぎて気配りを忘れてしまうらしい!
あーなんかそんな感じもあるカモーネ 私気をつけるさー!

コメントを閉じる▲

byharuki
おいらはサポーターだったよん。


特徴

温かく穏やか、人の援助を好む、決断に時間がかかる、直観力がある、感情に基づいて判断するといった特徴があります。このタイプは「周囲との合意」を何よりも大切にし、仕事の効率が落ちてしまうと分かっていても、合意を大切にする傾向があります。合意を得られている場合はモチベーションが上がり、得られていないとフラストレーションを感じるでしょう。
対人関係の特徴

他者の気持ちに敏感で、親密な関係を築く。また人の期待に応えるように行動します。拒絶されることを過度に避けるため、ノーと言えず、いい人になろうとしてしまうという特徴もあります。このタイプは話をするときも、それが相手の求めているものかどうかを心の中で確認し続けています。また圧倒的な態度をとられると、自分の話ができなくなる傾向もあります。
関わる時の注意点

時にはノーと断ることを提案してみましょう。また話している言葉以外の情報に注意を向け、やっていることを認めます。提案、要求をさせたり、このタイプが話しやすい環境、雰囲気を作ったりすることも重要です。質問は肯定的なメッセージを送ってから行いましょう。承認は日常的なねぎらいの言葉が効果的。また何でも引き受けてしまうサポーターの特徴を考慮し、ノンバーバルな点に注意して、要望や提案はないかと余裕をもって問いかけることが重要です。
あなたがサポーターなら

対コントローラー
コントローラーは話を聞いてほしいと思っています。あなたがコントローラーの外側の勢いにひるまず、できないことを断ったり、要求を伝えたりするようにすることが大切でしょう。
対アナライザー
アナライザーは感情表現が少ないため、不満を感じてしまうかもしれません。それを理解し、アナライザーとはじっくりとつきあうことが重要です。このタイプの組み合わせは行動が遅れがちなので、注意が必要になります。
対プロモーター
プロモーターに対しては、計画性、持続性、維持性などの視点からフォローして最後まで完了させるアプローチがポイント。ただしフォローが干渉に感じられるとプロモーターのモチベーションは下がるので注意しましょう。
対サポーター
見えないところでの努力をよく観察し、承認すること。この組み合わせはお互いの同意のもとに決断を下そうとするため、プロジェクトの進行のスピードが落ちることがあります。自分の責任で決定する意識を持つことが重要でしょう。


byuk
ハルさんお久しぶり!サポーターだったのね!
プロモーターはサポーターといると安心しすぎて気配りを忘れてしまうらしい!
あーなんかそんな感じもあるカモーネ 私気をつけるさー!

コメントを閉じる▲
湘南ノ花ト空
2007.05.22 (Tue) :
空


Tickets
2007.05.22 (Tue) :
明日へのチケット

"明日へのチケット"(2005/イギリス=イタリア/109min)
エルマンノ・オルミ アッバス・キアロスタミ ケン・ローチ
カルロ・デッレ・ピアーネ ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ シルヴァーナ・ドゥ・サンティス
フィリッポ・トロジャーノ マーティン・コムストン シルヴァーナ・デ・サンティス

Rating 8/10



Introduction
エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチ。3人のパルムドール受賞監督が共同で製作したドラマ。ローマへと向かう特急列車に乗り込んださまざまな人種と階級の人々が織り成す愛と希望の物語を紡ぐ。

Review
人間の刺々しい一面や情のある優しさという多面性というのがテーマとなっている以外は自由に物語が展開されていってます。同じ列車に乗り合わせた異なる乗客の話だが、まったく違う列車に乗ってるような気分にさせてくれるほど、それぞれの監督の世界観が映し出された映像になっていて、とても楽しめました!

1話目にあたるエルマンノ・オルミ監督の作品は、回想を重ねながら大学教授の初恋のごとく愛する人への気持ちを描いたロマンティックなストーリー。短い時間で人間の心情が見事に描かれているし、渋いフランス人の俳優と素敵な女優さんの魅力が詰まっている。

2話目にあたるアッバス・キアロスタミ監督の作品は、中年のわがままで傲慢な伯母さんとその息子の話。とにかく、このおばさんがやかましく怒鳴り散らし、彼女の息子や他の乗客に迷惑をかけていく。誰が見てもいつも悪いのは伯母さんに見えてもまんざらそうでもなかったり、彼女の息子がそのわがままに付き合いきれなくなって逃げ出した後の伯母さんの焦りや悲しみなど、物事や人の2面性が描かれている。そして、女の子が伯母さんと息子がいる個室を覗いたときに、そのガラスに映り流れゆく瑞々しい緑が美しく、車内という限られた場所でこういう映像も撮れるのかと驚いた。色彩の使いかたが1本目の話とまったく違うね。

3話目にあたるケン・ローチ監督の作品は、スコットランドからセルティック対ローマのチャンピオンズリークを観に来た3人の熱狂的なサッカーファンが中心の話。アルバニア難民の家族との出会い、難民問題ことはわからないし、自分たちのようなサッカー好きのスーパーの店員が何をできるのか苦悩し、葛藤する。この列車で出会った見ず知らずの家族だが、目の前で苦しむ人を見捨てられるのだろうか?自分たちには何ができるのだろうか・・・。他の作品に比べドラマやメッセージ性の強い作品で、ラストも希望に溢れていて、心温まる。


→Hide More


ゲゲゲ占い
2007.05.21 (Mon) :
ゲゲゲ占い

生年月日を入力して、あなたの妖怪を占おう!掲載期間が6月11日までらしいので急げ!
*画像に診断ページのリンク貼ってあるので、やりたい人は画像を押してね。続きは自分の結果。



ゲゲゲ占い

私の結果は、「砂かけばばあ」でした。
診断結果出た瞬間、「ハズレ」だッ!って思った。もうなんかガッカリ。「砂かけばばあ」って・・・
ゲゲゲか目玉さんがよかったなー!砂かけさんじゃー全然嬉しくないよー。ぶーぶー。

でさ、占い結果を見て見ると今まで言われたことないことばかりだよ?
そんな当たることなんて期待してないけど、かすりもしないってどんなんだー笑 ぶーぶー。


→Hide More



bydako
鬼太郎だった!!!

でも意外と砂かけばばあとは相性が良いみたい。ってか今思うとストーリー知らねぇなw

byuk
ゲゲゲだったのi-198うらやましいなーi-203

砂かけさんと相性悪かったら大問題よ笑
小学校のときやってたのを観てたけどー、
毎回違った妖怪が登場しーの、トラブルりーの、
ゲゲゲファミリーがファイトする話よー。

残念ながらあんま憶えないけどねーi-229i-201

それにしてもゲゲゲは懐かしいなー、映画もアニメも観たいなーi-184

byteru
おれ、「死神」って…

メインちゃうやん!

byuk
ゲゲゲに死神なんか出てたっけか!?ってぐらいサブだね笑
この占い何気にキツイことすらっと言ってるとこがエグいしねv-12

コメントを閉じる▲

bydako
鬼太郎だった!!!

でも意外と砂かけばばあとは相性が良いみたい。ってか今思うとストーリー知らねぇなw

byuk
ゲゲゲだったのi-198うらやましいなーi-203

砂かけさんと相性悪かったら大問題よ笑
小学校のときやってたのを観てたけどー、
毎回違った妖怪が登場しーの、トラブルりーの、
ゲゲゲファミリーがファイトする話よー。

残念ながらあんま憶えないけどねーi-229i-201

それにしてもゲゲゲは懐かしいなー、映画もアニメも観たいなーi-184

byteru
おれ、「死神」って…

メインちゃうやん!

byuk
ゲゲゲに死神なんか出てたっけか!?ってぐらいサブだね笑
この占い何気にキツイことすらっと言ってるとこがエグいしねv-12

コメントを閉じる▲
Measles
2007.05.18 (Fri) :
うちの大学も麻疹の流行で再来週の月曜まで授業が休講になったそうな!

明日(土曜)の授業はあるとかWhat!?だけど、急に休みになったので一週間自由なんです!
来週の土日はバイトするとして、本当に暇ですね。だから、富士登山とかどっか観光へ行こうかな?
急な休みで、何していいかわからずーあっという間に終わってしまいそうだけどさー何かしたいな!

気になるのが、夏休みが補講とかって短くなるのかどうなのか!ただの休みであれば大歓迎なんだけど・・・

L'odeur de la papaye verte
2007.05.13 (Sun) :
青いパパイヤの香り

"青いパパイヤの香り"(1993/フランス=ベトナム/104min)トラン・アン・ユン
トラン・ヌー・イェン・ケー、リュ・マン・サン、グエン・アン・ホア、ヴォン・ホイ

Rating 7/10



ドキュメンタリー出身のベトナム系フランス人、トラン・アン・ユンの初めて劇映画。サイゴンのある資産家の家に、10歳の少女ムイが奉公人として雇われて来た。その家には優しい女主人と根無し草の旦那、三人の息子たち、そして孫娘を失って以来二階にこもりっきりのお婆さんがいた。ムイは先輩女中に教えられ、一家の雑事を懸命にこなしていく。そして彼女は、ある日長男が連れてきた友人クェンに恋心を抱く……。

Review
ヘッドフォンから聞こえてくる穏やかで涼しい音。自然の光の輝きや水の美しさ、昆虫など、眩いほどに美しい。そして、少女時代のムイがとても微笑ましくして、その表情と何気ない行動がこちらの気持ちを穏やかにさせてくれた。

社会情勢からかけ離れた少女の目線で語られるベトナムの何気ない日常が淡々と映し出され、彼女が恋をする以外は特別な出来事もなく、同じリズムで最初から最後まで流れる。ストーリーがどうとかいうより、映像や音楽を楽しむ綺麗な映画だった。いつの間にか寝てしまうぐらい、ゆったりとした時間がとても心地良くて。


→Hide More


Saosin Japan Tour 2007 @ Shibuya Club Quattro
2007.05.10 (Thu) :
Saosin Japan Tour 2007




Saosin Japan Tour 2007
TOKYO 05.07 (mon) Shibuya Club Quattro
feat. Saosin, New Stating Over(Opening Act)
OPEN 18:00 START 19:00

Set List
01. It's Far Better to Learn
02. Sleepers
03. Translating the Name
04. Bury Your Head
05. I Never Wanted To
06. I Can Tell
07. You're Not Alone
08. Follow the Feel
09. Seven Years
10. Voices
11. They Perch On Their Stilts, Pointing, and Daring Me To Break Custom

Encore

12. Let Go Control
13. Some Sense of Security

Taste Of Chaos2006以来の来日ヘッドライナーツアー!
TOCでのオーディエンスとの一体感や盛り上がりに鳥肌がたった、本当に単独を心待ちにしていたSaosinのライブ!

渋谷のロッカーに荷物を預け、Shibuya Club Quattroは前に行ったとこだと思い、入場時間前に着くよう行ったのに、まさかの勘違い!こんなことはよくあることで、冷静になり、NAVITIMEで場所検索して、せっかく整理番号も70とそこそこよかったので、急いで会場に向った。センター街からハンズ方面に行ったところにあり、こんな場所にライブハウスがあるなんて、まったく知らなかった。

着いたら、すでに入場待ちの列ができてたけど、整理番号早かったので列に並ばずに階段を上って会場に入った。運良くまだ入場している人も少なく、前2列ぐらい女の子が陣取ってるぐらいだったので、真正面の3列目あたりで観れるいいポジションに行った。1時間程ひたすら待っていると、横にいた子が月曜の30 Seconds To Marsのライブで自分を見たとかで、ちょっとそのライブの話やら、音楽トークした。1人で行ってたので、声かけてくれたのもそうだし、演奏始まるまで時間潰してくれたことも嬉しかった。そんなときめく出会いとかではないけど、またどこかのライブで会えたらいいね。

待ち時間ははそんなこともあって、オープニングアクトのNew Starting Overの演奏が始まった!

New Starting Over
2002年結成の関西を中心に活動している4人組のスクリーモ・バンドNew Starting Over

Set List
01. Blind
02. Let My Heart Bleed Again
03. 新曲
04. We'll Stand When The World Starts Over
05. Story Ending
06. Falling Down

日本のスクリーモ・バンドはあまり詳しくないけど、このバンドはTOCの時もオープニングアクトで出演していたり、視聴したこともあって一度ライブ観てみたかったバンド。ヴォーカルはハイトーンで、ギターがスクリームを担当していて、メロディも海外のスクリーモバンドと似てるとこもあって、日本製のスクリーモサウンドという感じ。1曲目は、myspaceで聴いたことあるBlindという曲で、この曲はメタリックで、メロディが良くて頭に残ってたので是非ライブで聴いてみたかった曲。それからは似通ってるミドルテンポな曲が多く、もっとどっかで一気にペースアップする曲があったら盛り上がったんだろうけど。あとね、MCでかなり息があがってたのが印象的だった。

New Starting Overが7曲程やり終え、セットチェンジ後待ちに待ったSaosinの登場!

Saosin

満員の会場が一気にボルテージが上がり、Saosinを迎え入れる。Taste Of Chaosの時と同様にアルバムと同じ構成で、It's Far Better to LearnからSleepersへの流れで始まり、1stアルバムとTranslating The Nameを織り交ぜたセットリスト。チケットもソールドアウトしたみたいで、かなりの人に溢れかえってるし、歓声も大きかった。みんな歌詞覚えていて、コーヴがこっちにマイクを向けたりしながら一緒に歌っている一体感が凄かった。特にYou're not Aloneは圧巻だったね。あとはなによりメンバーたちがフロア見渡して、楽しそうに演奏してた!

今回のライブのハイライトとしてはSmartPunkのコンピレーションMusic On The Brain Vol. 1 に収録されている「I Can Tell」をやってくれたこと!Saosinを聴き始めた頃は、Translating The Nameの5曲とBury Your Head、I've Become What I've Always HatedのデモやこのI Can Tellなどまだまだ曲数も少なく、何度もリピートして聴いてたので、本当に思い出の曲!Seven Yearsと並びSaosinの神曲!そんな曲まで披露してくれて感動した。それに1stアルバムで好きな曲をアンコールで聴けたのもよかった。最後まで盛り上がけてくれるし、その一曲はボーナストラックのLet Go Controlで、ライブで初めて披露したらしく日本へのプレゼントだって!レアだね。

でも、今回は音響だとかステージや照明が微妙で、次の来日はクアトロ以外でやってもらいたい!それが唯一の不満で、あとはSaosinの素晴らしいパフォーマンス、テクニック、メロディに酔えたし、鳥肌ものの素晴らしいライブでした!また今年もTOCでまた来てくれるといいね!


→Hide More


30 Seconds To Mars Japan Tour 2007 @ duo MUSIC EXCHANGE
2007.05.08 (Tue) :
30 Seconds To Mars



30 Seconds To Mars
30 Seconds To Mars Japan Tour 2007
TOKYO 05.07 (mon) duo MUSIC EXCHANGE
feat. 30 Seconds To Mards
OPEN 18:00 START 19:00

Set List
01. A Beautiful Lie
02. The Battle Of One
03. From Yesterday
04. Savior
05. The Story
06. The Kill
07. The Fantasy

- Jared's Solo (Acoustic Set) -
08. Message In A Bottle
09. Capricorn (A Brand New Name)
10. Echelon
11. A Modern Myth

12. Attack

ジャレッド・レト率いる30 Seconds To Marsの初来日公演に行ってきました。渋谷のDuo MUSIC EXCHANGEに6時頃に到着。整理番号200とかで入場まで時間があり、会員証を見せるとステッカーを貰えるキャンペーンがあったのでステッカーを貰い、それからはずっとボーっと待っていた。このバンドのファンは7割女性で、ハリウッド俳優好きなおばちゃんもいたり、今までのライブとは雰囲気違かったし色んな人いた。

今回でduo MUSIC EXCHANGEは2回目。前のライブでは音が最悪で、見づらくて、あまりいい印象がなかった。それに、前の方で観ると音が悪いと聞いてたんで、今回は後ろに下がり、段になってるとこから観ることにした。写真でわかる通り大黒柱が邪魔だったり、結構この会場だと観る場所によって全然印象違うと思うんだ。

メンバーが出てきたのが、予定時刻の20分遅れとか。することもなく暇で眠気に襲われたが、急に照明が変わり、カルミナ・ブラーナというクラシックの曲が流れ、メンバーが登場。ベストポジションだと予想していた場所は、思ってた通り抜群!前に女の子がいるだけで、かなり観易い!一人感動。

ジャレッドはバラの束を持って登場し、前列のとこに渡したり、最後はどばっと左右に投げたり。メンバー全員がアイライナーして、ナルシストな雰囲気、そしてマスク付けてくるからね!向こうでマスク付ける習慣ないから、日本でのスタッフがマスクしてて、気に入ってつけてたとかかな?まあ、あくまで予想だけど。そして、A Beautiful Lieで演奏が始まった。だけど、始まったのに周りのノリが悪く、前に突っ込んで行こうかと思ったけど、如何せん観やすかったのでステイ。それに、前の方で聴いたときと違って、今まで行ったライブの中で一番音が聴きやすかった。

ジャレッドの容姿もパフォーマンスもちろんよかったけど、歌も叫びも上手かった。ここのパートはきちんと歌ったり、叫んで欲しいなってとこはきちんと抑えられたし、伸びのあるいい声だった。お気に入りのThe Killでの大合唱も凄かった!ここでサプライズがあり、その曲の途中で客席に飛び込んで消えたんだよね。一瞬視界から消えてたんで何してるんだろうと思いきや、自分の近くまでファンにもみくちゃにされながら来て、もうカオス状態。そんなサービスもあったりして、意外や意外ライブ楽しかった。途中でメンバーはけて、ジャレッドだけ出てきてアコースティックで1stアルバムの曲弾いたり、ポリスのカヴァーを弾いたり、ここでもうっとりするような美声で圧倒的だった。そして、他のメンバーがステージに戻り、ライブの締めにAttackをやってくれた。ジャレッド以外のメンバーはまったく喋らなかったけど、演奏よかったし、とくにジャレッド兄のドラム繊細かつパワフルで抜群だった。

曲数少なくて、ブーブー言ってる人もいたけど、結構満足!1stの曲もっと聴きたかったけど、Capricornやったからいっか。みんな目的が違うからか一体感とかなかったけど、今度TOCで激しいライブをまた魅せて欲しいね!


→Hide More


Mars Army Japan
2007.05.03 (Thu) :
Mars Army Japan

TOSHIBA-EMIにて日本で30STMを熱くサポートする「MARS ARMY JAPAN」の会員登録をした。
無料で登録でき、この会員証やオリジナルグッズが貰えたりする。太っ腹なキャンペーン。
来週の月曜にライブなので、リリースしている2枚のアルバムをレビューを書きながらじっぐり予習。
来週は水曜にSaosinの単独ライブもあり、GWなんかまったく頭になくて来週の月曜/水曜が待ち遠しい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。