Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の指針
2007.02.28 (Wed) :
今日は昼から隣駅にあるフットサル施設のバイト面接行って来た。家から車で15分とか。面接の方は向こうがだいぶ仕事の話を説明してたから、そんな緊張することもなくあっという間に終わったんだけどね。結局、採用されても、不採用でもどっちでもいいかなって思う。シフトの話聞くと長期でやってけるのかなって?思うし。週に3日ぐらいは入らないといけないんだけど、土日は派遣の仕事したいから、平日3日も入ると結構忙しいよね。大学生でバイトしてる人って授業とバイトをどう両立してるのか気になる。仕事内容は施設内の掃除だったり、受付の応対がメインだから楽だし、勤務中は結構座って仕事できるのも魅力的かなっとも思う。土日の派遣だけで月に10万は稼げるんだけど、平日働けるとき働いて貯金できるように頑張るべきか・・・。去年は暇を持て余してたし、今年は今まで以上に目標を持って日々過ごそう!そうしないとね!
スポンサーサイト

April 77 JOEY Overdrive
2007.02.27 (Tue) :

April77JoeyOverdriveblack

今日は渋谷のBEAMSに頼んでおいたジーンズを取りに行って来た。パリ発のスキニージーンズ、April77のJoey Overdrive blackってやつ。きれいめに履けるスキニージーンズを一本ぐらい欲しいなってちょっと探してたときに出会った。フロントポケットにギターピックが付いてたり、シンプルな中にロックを感じさせるさり気無さがカッコいいよ!このブランドのデザイナーがバンドをやってる人らしく、他のジーンズとはまた違った雰囲気がある。そんなに値段的にも高いもんじゃないから、いい買い物したーって感じです。
家電量販店の裏話
2007.02.26 (Mon) :
家電量販店で働きはじめてもう1ヶ月も経って、だいぶ慣れてきた。今振り返っても量販店で空気清浄機を売っている自分ってのは何なんだろうね笑 でもね、小さい頃から量販店が好きでよく行ってたから、自分がそこの店員として働いてると思うと、やっぱ大人になったんだなって思う。それで、1ヶ月も働けば、なんか量販店の知らなかった部分なんか見えてくるんだよね。まあ、常識なのかもしれないけど、なんか知らないことがいろいろあった。

まず驚いたことは、量販店で働いてる半分ぐらいの店員が自分と同じく家電メーカーから派遣されている人ばっかだったとこ。平日の量販店にはほとんど店員がいないけど、土日になると店員の数が増えるのはメーカーから派遣された応援販売人いるからなんだよね。うちのお店では、ネクタイをつけている人が応援で来てる人で、社員は量販店のポロシャツを着ている。空清売り場だけでも、常時3社から派遣された店員がいる。だから、量販店なんか行ったときに気をつけて欲しいのが、押し売り!自分のメーカーだけ勧めて、他者の商品を簡単な比較だけで候補外にするからさ。「このメーカーの空気清浄機が欲しいんだけど!」とこちらから欲しい商品を言っても、自分のメーカーに振り向くよう、いろんな手を使ってくるからね。自分が量販店なんかで買い物するときは、ネットで他の人のレビューだとかの情報集めて買うのを決めるし、誰もがパソコンで情報集めてから来ているのかと思いきや、ほとんどの人が情報ないまま買いに来ていた。たぶん、空気清浄機に詳しい人が少ないってのもあるんだろうけどさ。店員に勧められただけで、自分で他の製品と比べず買っていくお客さん見てると、それでいいのかよ・・・っとちょっと寂しくなる。

一緒の売り場で働いてる人は、1人は秋葉原で20年以上働いていた話術が巧みなおばちゃん。まあお店がこのおばちゃんに期待して、売り場の中でもいいとこに置かれていて、どんどん売れていく。この人は自分のメーカーだけ説明して、他者のメーカーは1つぐらい比較品として使ってけなすだけ・・・。もう1人は定年退職して土日だけ働いてるおっさん。この人のメーカーと自分のメーカーの商品が横に並べられていることもあって、お客さんに声かけるときなんか先に喋られちゃうんだよね。この人はあまり製品のこと詳しくないんだけど、自分のとこのメーカーの商品がブランドなだけで売っている感じ。そういえば、今日近くの量販店行ったんだけど、自分が働いてる店より小さいこともあって店員少ないし、あまり声かけてこないんだよね。はじめは声をかけない方が当たり前かと思ったけど、今働いてる店では積極的に声かけた方が売りやすいってのもあって声かけるようにしてる。

今まで量販店なんかで値引きしてもらったことないんだけど、それが当たり前のように行われてて驚いた。「これもうちょっと安くなりませんか?」「近くの○○電器はもうちょっと安かったけど?」みたいな感じで普通に聞かれる。メーカーから派遣された店員には値段を決める権利がないから、いつも社員の人に相談してから決めている。もしくは、値札にコードがあるから、それをある数字で計算すると値引き価格が出る。たしか、最低でも卸値の2割ぐらい利益が出ないといけないっとか言ってたかな。だから、値引きできる金額もまちまちなんだけど、5000円ぐらい安くなるのもあれば、何百円ってものある。5000円ぐらい値引きしているのを見てると、値引き交渉すべきなのかとも思う。それと、まとめ買いなんかすると結構値段引いてくれるみたいよ。

値引き=せこい、汚いみたいなイメージがあるし、店員という立場になっても値引きを聞いてくる人の顔とか声のトーンとかあんまいい風には見えないから、そのイメージを変えるのって難しいかもしれない。いちいち細かく値引きせずに、バッと表示された価格を支払えばいいんじゃないかとも思うし、お金が足りなければ、働いてもうちょっと余裕出てから買えばいいんじゃないかな?って思う。別に値引きは悪いことじゃないんだけどー、まだ頭の中にマイナス・イメージがある・・・。

この仕事は接客業だから、知識がないときはお客さんの反応も悪かったけど、知識が増えて、お客さんの質問なんかに答えられるようになってくると、お客さんが満足して買っていってくれると結構嬉しい。特に空気清浄機なんかを丁重に説明すると、お客さんも知らなかったことをいろいろ聞けて納得して買っていってくれる。お店の在庫を売り切ったときなんか、やってやった感たっぷりで嬉しい笑

そして、この応援販売員の給料はかなりいい。実働は7時間ほどで、日給は大体1万以上。研修1日で、交通費全額支給だし、週払いでお金に困らないし。うちのお店は今のところ空清売り場がまだそこまで賑わってないから結構暇。でも、立ち仕事だから、暇なときなんか腰痛くなるけどね。逆に忙しいと一気に時間がすぎるし、充実していて楽しい。それに、メーカーの社員さんが来るとき以外は休憩時間だとかテキトウだし、終わりの6時になったら、すたこらさっさって一目散に帰れるしね笑

でも、接客業だから知識だとかしっかりしてないといけなし、自分もメーカーの研修でわからなかったことは、ネットで調べて勉強したしね。自分のとこの商品だけじゃなくて、売り場に置いてあるもの特徴なんかはおさえとかないといけないし、空気清浄機の反対側に置いてある加湿器のことも勉強したしね。加湿器に関しては、研修のときにまったく何も教えられてなかったから、一から自分で覚えたよ。それから、説明するときも丁重に、熱心に説明する話術も必要だよね。でも、家電とかに興味ある人だったら出来る仕事だと思うよ。だから、結構自分にはあった仕事かなって思うけど、量販店の社員になりたいとは思わないね笑 社員の人はエリア別に分けられて配置されてるんだけど、そのエリア内の商品ならどれでも説明できるようにいろんな知識を身につけないといけないしね。朝礼で、店員別の売り上げランキングみたいなのあるし、大変そう。派遣のバイトの方は時給もいいし、その割りに仕事は楽だからオススメだよ!うちのお店のスタッフの人が優しくていろいろ助けてくれるしね。それはお店によって違うから、周りが冷たい人ばっかりだったら大変だね。

なんか仕事の裏話書いてから、他の仕事の裏話とか検索したら、結構そういう話が載ってるサイトがあった。暇があったら興味のある仕事の裏話を読んでみるのもおもしろそう!

Re: 家電量販店の裏話 byだこた
長々と文章を書いてもスッキリとして見えるのはなぜだろう。やっぱ背景が白いとゴチャゴチャして見えるのかしら。それとも巧みな記述のせいかしら。まー仕事お疲れさん!(笑

Re: 家電量販店の裏話 byuk
嬉しいこと言ってくれるね!笑 別に書き方がどうってわけでもないと思うんだけど、デザイン変えるときに、出来るだけ字が見やすいのにしたかったから、文字フォントが大きくて、記事のスペースが広いのにしたんだ。お互いバイト頑張って旅行エンジョイしよ!

コメントを閉じる▲

Re: 家電量販店の裏話 byだこた
長々と文章を書いてもスッキリとして見えるのはなぜだろう。やっぱ背景が白いとゴチャゴチャして見えるのかしら。それとも巧みな記述のせいかしら。まー仕事お疲れさん!(笑

Re: 家電量販店の裏話 byuk
嬉しいこと言ってくれるね!笑 別に書き方がどうってわけでもないと思うんだけど、デザイン変えるときに、出来るだけ字が見やすいのにしたかったから、文字フォントが大きくて、記事のスペースが広いのにしたんだ。お互いバイト頑張って旅行エンジョイしよ!

コメントを閉じる▲
Promises
2007.02.19 (Mon) :
Promises
"プロミス"
(2001/アメリカ/104min)ジャスティン・シャピロ、B.Z.ゴールドバーグ、カルロス・ボラド
Rating 7.5/10



Introduction
パレスチナ、イスラエルの国境を越えた子供たちの交流を描くドキュメンタリー映画。パレスチナ、イスラエル双方の子供たちは、住居は近いにも関わらずお互いのことを全く知らない。ゴールドバーグ監督は、双方の子供たちを引き合わせようとするが…。

Review
イスラエル・パレスチナ問題に興味がある人にオススメの作品。比較的穏やかだった1997年~2000年頃、実際に子どもたち一人一人を訪ねて中東和平についてインタビューしていく。

ニュースで流れるイスラエル軍の攻撃だったり、パレスチナ人の報復攻撃などの映像とは違い、イスラエルとパレスチナで暮らす一般市民の生活や環境が映し出されていた。子供であっても、検問や分離壁が彼らの交流を妨げてることもあり、お互いを憎しみあったり、恐れていた。しかしながら、この映画では、イスラエル側、パレスチナ側どちらも多様な価値を持った人がいることが強調されていた。当然と言えば当然なんだろうけど、子供たちも周りの環境や教育、宗教の違いからこの問題に対しての考え方も違っていた。「パレスチナ人を追い出せ」と言う意見もあれば、「話あわなければ何も解決できない」という考えを持つ子もいた。

イスラエル側でも、国民の10%ほどを占める「超正統派」と呼ばれる一派(黒のスーツに黒のシルクハットをかぶり、もみあげを切らず、ひげを伸ばし、「嘆きの壁」で祈りを捧げているグループ。生活は政府の援助によってまかなわれ、仕事をもたず、日々トーラーを読み、祈りに明け暮れている。子供たちはイエシバ(神学校)で勉強し、兵役を免除されている。)は他のイスラエル人から特別扱いされ、この映画に出てくる一般的なイスラエルの子供たちは彼らを怖がっていたのが印象的だった。そしてこの映画でイスラエル側にも、宗教上の違いから、まったく違った生活や価値観を持った人がいることを知った。

パレスチナとイスラエル問題に関して、まだまだ勉強不足だけど、現地の子供たちがどういう考えをもっているのか勉強になったし、そう簡単に解決するような問題ではないと改めて思った。平和な国に住む自分が反戦を唱えるのは簡単だとは思うけど、実際に紛争が起きている地域に住む人々が今後どういう決断をしていくのかとても興味ある。共存していくことは可能なのか、それともパレスチナ人/イスラエル人どちらかがいなくなるまで殺し合いを続けていくのか・・・。それにこの映画に出演した子供たちは今この問題にどういう考えを持ってるのかも知りたいね。

Trailer


→Hide More


The Atomic Cafe
2007.02.14 (Wed) :
The Atomic Cafe
"he Atomic Cafe -アトミック・カフェ-"
(1996/アメリカ/87min)ケビン・ラファティ、ジェーン・ローダー、ピアース・ラファティ
Rating 7.5/10



Introduction
40年代/50年代当時の、実際の、アメリカのニュース映像/政府広報映像のみのつきはぎだけで、ナレーションを排し、編集の妙技で見せ切る、政府とメディアの大衆操作の実態に切り込むアンチプロパガンダ・ムービー。

Review
広島に原爆を投下したパイロットの証言映像や、ビキニ環礁での水爆実験で被爆した第5福竜丸、原子爆弾の技術をソ連にリークした疑いで処刑されたローゼンバーグ夫妻、馬鹿馬鹿しいアメリカ政府広報映画など初めてみるもの映像ばかりだった。アメリカ政府は共産主義への恐怖を煽り、原爆を正当化し、強いアメリカを幻影によってつくりだした為、人々は核に対してまったく無知であった。核兵器とは広範囲を高温で焼き尽くして、数万人を一瞬に殺傷し、生き残った者にも深刻な放射能障害を長年残すもの。

Stop worrying about the atomic bomb!!
(おもちゃのような放射能測定バッチなるものを胸に、原爆実験の爆心地へと放り込まれるアメリカ兵達に上官がした原爆の説明)

「原子爆弾で注意しなければいけないことは、爆風、熱、放射能。そのなかで放射能は目にも見えず、感じることもできないので、全く心配する必要はない。」

Duck and Cover!!
(亀のバート君(ムーアの作品にも登場)をマスコット・キャラクターにした、子供向け教育フィルム)

「さあ、もしピカッと閃光が走ったらどうする? そう、首を引っ込めて、頭を隠すんだ!」

本作では核の威力にアメリカの繁栄を投影した、極めて脳天気なカントリー調のポップソングと共にアメリカにおける核の存在を描いている。核兵器が如何にいい加減な目的で使用され、軍拡に勝つために如何に国民を欺いて生産され、未だにその呪縛にアメリカは囚われているんだね。

"Duck and Cover"


→Hide More


通勤+WALKMAN
2007.02.10 (Sat) :
電車で1時間程のとこにある電気屋で働いてるのに、近くの電気屋に行くのもめんどくて、アマゾンでSonyのWalkman買って送ってもらった。保障とか一切ないけど、前回もそんなんだったしいいんだ。買ったのは去年の10月とかに発売されたNW-S706Fって4GBのフラッシュメモリー。使い慣れてるSonicStageが使えるSonyのがいいなって思ってて、別にipodでもいいけど、何だかフィーリングが合わないんだよね。いつかSonyからニュータイプのHDD型出ると思ってずっと待ってたけど、いつになっても出ないし、通勤のとき音楽聴きたいっていう衝動+バイト代が入って、そんな高くないから買ってしまえーって感じで買った。

前に使ってたのと同じシリーズだから使い勝手わかってるし、音質と機能面で遥かに良くなってたので結構満足してる。前のが1GBだったから4GBあれば音楽聴くだけなら結構余裕かもね。

だから、今日は電車で好きな音楽とまだ聴いてなかったアルバムを詰め込んで聴いてた。音質はもちろんイイんだけど、イコライザーでばっちしラウドな曲に合った設定したから、音がクリアで迫力ある!さて、これでとりあえず去年からこれは買うぞって思ってたものが一つ買えたので、あとはデジカメ、ビデオカメラ、スピーカー、プリンターあたりをお金に余裕ができたら買いたいなって思ってる。下の載せた画像は携帯で撮ったんだけど、ヒドイよね。やっぱ次はデジカメだなー。

NW-S706F



Re: 通勤+WALKMAN byspam
やっぱ それぐらいの大きさで4Gぐらいが
ちょうどいいよ! ちょっとしたときにポケット
入るぐらいの大きさがよさげだしね。
俺のZENは、要領大きいけど サイズのちと大きいから
やっぱ そんくらいのがいいなぁっていつも思ってる笑
いい買い物しましたね♪

Re: 通勤+WALKMAN byuk
動画が入れれるのも魅力的なんだけど、とりあえず今は音楽を聴くだけだと思うし音質のイイやつにしたんだ。サイズもこんくらいなら邪魔にはならないよね。とりあえず通勤のときに音楽聴けるだけで今はかなり満足してる!

コメントを閉じる▲

Re: 通勤+WALKMAN byspam
やっぱ それぐらいの大きさで4Gぐらいが
ちょうどいいよ! ちょっとしたときにポケット
入るぐらいの大きさがよさげだしね。
俺のZENは、要領大きいけど サイズのちと大きいから
やっぱ そんくらいのがいいなぁっていつも思ってる笑
いい買い物しましたね♪

Re: 通勤+WALKMAN byuk
動画が入れれるのも魅力的なんだけど、とりあえず今は音楽を聴くだけだと思うし音質のイイやつにしたんだ。サイズもこんくらいなら邪魔にはならないよね。とりあえず通勤のときに音楽聴けるだけで今はかなり満足してる!

コメントを閉じる▲
Trainspotting
2007.02.06 (Tue) :
Trainspotting
"トレインスポッティング"(1996/イギリス/93min)
ダニー・ボイル
ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ケリー・マクドナルド、ロバート・カーライル、ジョニー・リー・ミラー

Rating 5/10



Introduction
レントンと仲間たちは、いつもハイになっているか、ドラッグを買うために盗みをしているかのどちらかだ。アル中で喧嘩が趣味のべグビー。女たらしで007オタクのシックボーイ。気のいい小心者のスパッド。そして、SEXもドラッグもOKの女子中学生、ダイアン。そんな彼らの友情にもやがて崩壊の運命をたどる。圧倒的な絶望感の中、人生を変えるために賭けに出るレントン。彼はどんな未来を選ぶのか。

『人生を選べ、キャリアを選べ、家族を、テレビを、洗濯機を、車を、CDプレイヤーを選べ、電動缶切り機を選べ、自己中心のガキになることほどみっともないことはない、未来を選べ・・・。だけど、それがいったい何なんだ。』

“陽気で悲惨”な日常の中で「幸せな生活とは何か」と自分へ問いかけるレントンは、一つの答えを導き出していく。

Review
トイレに入るシーン、赤ちゃんが天井をハイハイだとか、モヒカンのいかれっぷりが印象的だった反面、薬物とかを題材にしている話にしてはインパクトに欠けてたし、単調だった・・・。


→Hide More


Stay
2007.02.06 (Tue) :
Stay
"ステイ"(2005/アメリカ/99min)マーク・フォースター
Rating 5/10



Introduction
精神科医のサムは、謎めいた若い男性患者ヘンリーを担当する。ヘンリーはサムに3日後に自殺すると予告するのだが…。ニューヨークを舞台に、ユアン・マクレガー、ナオミ・ワッツといった旬のスターが集結した、時間と空間が交差するイリュージョン・スリラー。

Review
ラストシーンで映画の構成を理解できるはずだけど、集中して観てなかったせいかよくわからないまま終わってしまった。終わってからネットで調べてやっとわかったけど、なんだかすっきりしない。もう一度観たらいいんだけど、もうDVD返しちゃったし、どうしたもんか。話のテンポはゆったりしてたけど、まだついてけたんだけどなー。


→Hide More


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。