Mapping An Invisible World

スポンサーサイト
--.--.-- (--) :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trans America
2007.01.31 (Wed) :
TransamericaTrans America - トランスアメリカ -
2005/アメリカ/103分
監督・脚本:ダンカン・タッカー
製作:ウィリアム・H・メイシー
出演:フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ、フィオヌラ・フラナガン、エリザベス・ペーニャ、バート・ヤング
ジャンル:コメディー ドラマ ファミリー 旅
評価:★★★★★★★★(8/10)

性同一性障害(トランスセクシュアル)に悩む父親と愛を知らずに育った息子が、ひょんなことからアメリカ大陸横断の旅に出るハートフル・ロードムービー。



プリシラ同様、映画に出てくるどのキャラクターも素直で自分の道を生きてて魅力的だった!なんと言っても、性同一性障害を演じた主演女優フェリシティ・ハフマンは、ブリー(フェリシティ・ハフマン)を襲ってしまいそうになるトビーのシーンがどんだけ美しかったか物語ってる!ロードムービーは新しい出会いや不意な出来事が人を変えてくとこがやっぱいいよね。


→Hide More

スポンサーサイト

LIFE AND DEBT
2007.01.29 (Mon) :
jamaicanosinjitsu
"ジャマイカ楽園の真実 Life+Debt"
(2005/アメリカ/86min)ステファニー・ブラック
Rating 8/10



Introduction
カリブの楽園ジャマイカには、多くの観光客が訪れる。美しい景色とレゲエの音楽に酔いしれる。しかし、楽園の真実は明るい面だけではない。1962年、イギリスから独立したジャマイカは、IMFと世界銀行から経済立て直しの為、借金をしその返済で苦しんでいる。

Review
誰かを犠牲にして、一部のものだけが豊かになる。この作品は、ジャマイカを通して、国際化が発展途上国に及ぼす影響を伝えるドキュメンタリー映画。何が“真実”かは当事者でない分わからないけど、実際に起こっている問題もあるから誰かが多くの人に伝えたいと思い作ったんだから、そこから何か感じられればいいんだよね。この後は作品で気になったとこをノート取って、まとめたもの。

『時代の流れやグローバル化する経済によって金融奴隷なったジャマイカ』

1944年第二次大戦が終結しようとしていた。連合国は戦争の終結後、再び1930年代の混乱に陥るのを避けるため設立されたのがIMFだ。その役割は短期借入ができる銀行としての機能だった。戦利者の商取引を短期支援するための基金だ。このとき同時に作られた世界銀行は、欧州の復興のためであり、そこには貧しい国々のことは視野に入れていなかった。権力を握る大国が全てを決めてしまった。利益を得るのはIMFの創設者たちだけだ。

ジャマイカのような国は独立した途端、あらゆる財政問題に直面する。経済力がないため、自力ではやっていけない。そして、オイルショックと共に財政難に陥いった。外国への支払いなどあり、まず民間の金融機関に行き、融資を相談する。民間の金融機関に断れれば、支出を抑え、更に資金操りをしないといけない。そこでIMFに相談する。

長期的な手助けが必要だが、IMFは短期間の借入しか受け入れず、さらにその資金の使い方に厳しい制約を課す。そして、輸出を拡大し、輸入を縮小するため、ジャマイカドルの通貨切り下げを望んだ。しかし、ジャマイカは食料品や燃料、教科書や薬も輸入している。だから、通貨切り下げの影響を受けるのは国民だ。その結果、国の経済は“債務”という間接的な方法で外国にコントロールされることになる。70年代に8億ドル
だった債務が、80年代には40億ドルに膨れ上がり、現在では70億ドルにまで達した。責務が増えれば増えるほど、生産力や輸出力は低下する。

しかも、アメリカなどから輸入される作物のほうが安くて品質がいいので、国内の作物は余る一方。過去は保護された市場で、輸入制限があり、国内で競いあっていた。でも、今は外国産と競うことになる。

IMFはまず貿易規制の撤廃を要求する。ジャマイカが小国だから、つまり自国だけではやっていけない。世界経済に溶け込んだほうが成長すると考え、関税を引き下げて、外国製品を買いやすくするという。

1992年に政府は農業と製造業を支えるために米国開発銀行と契約を交わし5千万米ドルを借りた。借入の条件は、国内産業の援助制度の廃止と輸入規制の撤廃だった。貿易規制の緩和

生活の支えとなるバナナ

アフリカ・カリブ海・太平洋諸国(ACP)と欧州連合は、過去に苦しんだ旧植民地に対して経済的な支援をするよう特恵措置が施するロメ協定を結んだ。バナナに関しては、欧州に無関税の保証された市場がある。アメリカはバナナを生産しないが、アメリカにあるチキータやドール、デルモンテといったバナナ会社がアメリカ政府に訴え、そしてWTO(世界貿易機関)を通じて圧力をかけた。この特別恵置がWTOの規約に反するという。チキータやドール、そしてデルモンテの世界シェアは95%もあるにも関わらず、100%を求めた結果、アフリカ・カリブ海・太平洋諸国(ACP)などに住む人々の生活を脅かした。

これの大企業のバナナはラテンアメリカ産で、労働者は日給1米ドルで働かされているという。労働者がストライキを起こすこともあるが、組合もなく農園主の言うがままとなっている。

ジャマイカのバナナの生産コストは南米より高い。だから、南米の値段にかなうわけない。WTO(世界貿易機関)のせいでバナナ産業の未来が不確定なため、銀行も投資家も誰も振り向かなくなり、あるバナナ畑では労働者が1/10になった。今までバナナを生産する人たちは車も買えたし、家も買え裕福な生活ができたが今はそうではない。

“奴隷ゾーン”と化す“フリーゾーン”

米国のカリブ開発構想の一環で1980年代にできた特別区“フリーゾーン”という単純労働を基盤とした雇用制作。カリブ開発銀行と世界銀行が建設費を融資した。政府はその負債を今も返済続けている。

“フリーゾーン”では、ジャマイカの素材を一切使わないで、100%米国製の材料をジャマイカで加工している。ゾーン内では、トミー・ヒルフィガー、ブルックス・ブラザーズ、リチャードやマーク・アレキサンダーの商品を扱う。届く品物は全て特別なゲートを通過し、ゾーン内で加工され再び船に乗せられるので、まったく国内に入ることはない。ジャマイカの国にあるものだが、全く個別に隔離されたものである。だから、工場に国の規定、例えば税金や規制も課せられることはない。

労働者にはノルマが与えられ、それが出来なければ無給になるなど相当なプレッシャーがある。給料は週30米ドルぐらいで、米国ではありえない賃金になっている。しかも、給料から教育税、社会保険、住宅財形、健康保険などが引かれ、企業の懐に行っている。組合を作ったり、自由に話したり、食べたり、トイレに行くことすら禁止されている。ジャマイカ人の労働者がクビになっていく代わりに中国人が来て、待遇は現地の人よりいいという。国内の失業対策だったはずが、現地人にはスキルがないという理由からアジアから大量に労働者が連れて来られている。低賃金の仕事はより賃金の安い地域に流れる。工場は閉鎖し、1万8000人が職を失った。政府はIMFなどの融資で工場を建設し、その負債を今も返済し続けている。

Trailer


→Hide More


Down, Set, Go
2007.01.29 (Mon) :
昨日からバイトが始まった。電気屋は厳しいと聞いてたけど、とくにそう感じることもなかった。仕事の方は、忙しくもなければ、暇でもなくて、逃げ出したくなるような感じではないのでやってけそーなんじゃないかな。これで1日で1万も稼げるんだから、仕事としては優しいんだろうね。まあ、これから土日は働くぞー。

今日はとくにすることもなかったのでツタヤでDVD4本借りてきた。T-pointが700円ぐらいあったので、300円で4本借りれてハッピー。さてさて、そんなとこです。



同じ空気清浄機のコーナーで一緒に働いたおっちゃんがお腹をさすりながら満面の笑みで「ラーメン食べてきたよ!」と嬉しそうに言う。「満腹ですか?」っと、とりあえず聞いてみる。「そうだね。いやー美味しかったよ」っとおっちゃん。「この辺りに美味しいラーメン屋とかあるんですか?」っと今度の昼にでもあるなら行ってみようと期待して聞いてみる。そしたらおっちゃんが「いやいや、カップラーメンのことだよ。やっぱこれ食べないのと仕事やってきないでしょ。君なんか若いんだからいっぱい食べないとな!」あーラーメンってそっちのことかっと期待した自分が悪かったけど、なんだかおもしろかったのでいいや!


→Hide More


そこんところ彷徨ってる流離ってる
2007.01.27 (Sat) :
研修やってきたよ。清浄機と加湿器についていろいろ教わって、六本木まで行って帰ってきて疲れちゃった。話聞いてメモ取るぐらいだったから、とくにめんどくさいこともなく終わったし、これで研修費と交通費が貰えるのは嬉しい。そういえば、働く場所が府中に代わったんだよね。うちの駅から1時間ほどかかるけど土日だけだから、まあそこは本よりゆったりする時間と考えてやろう。んーってか明日からバイトなんだよね。肩の力抜いてー徐々に慣れてこー!
プーの私
2007.01.24 (Wed) :
そんな私が、バイト決まりそうなので報告します。今年の冬も派遣の仕事することになった。2~3月の土日祝固定で、平塚ってJRで2つほどいったとこの電気屋さんで加湿器の販売するぞー!平日はたぶん去年やってたカードの案内になりそう。電気屋さんは厳しいらしいけど、電気屋好きの自分としてはちょっと楽しみ!その販売の研修が土曜に六本木ヒルズの派遣会社の本社でやるそうなんだ。初六本木ヒルズでござーすな。だから、土曜からバイトモードに入っちゃうんだな。

バイトほぼ決まったことなんで、欲しかったCDを4枚ほどHMVで頼んだ!届くのが2月8日とかでねー待ち遠しいってか待てないな!その頃にはFall Out Boyも新しいの出るし、そんなかかるなら一緒に頼めばよかったなー。あー何はともあれ、バイトが早めに決まってよかったよかった。

Re: プーの私 byspam
加湿器の販売がなんかウケタ笑
なんか、友達に聞いたけど 電気屋って 自分が持ってる
MP3とかバイト入る前に紙にかかないと没収される
っぽいね。気つけて!

Re: プーの私 byuk
加湿器って笑 仕事中はお肌が潤って最高よー!電気屋ってやっぱ厳しいんだろうねーまー何事も経験じゃー

コメントを閉じる▲

Re: プーの私 byspam
加湿器の販売がなんかウケタ笑
なんか、友達に聞いたけど 電気屋って 自分が持ってる
MP3とかバイト入る前に紙にかかないと没収される
っぽいね。気つけて!

Re: プーの私 byuk
加湿器って笑 仕事中はお肌が潤って最高よー!電気屋ってやっぱ厳しいんだろうねーまー何事も経験じゃー

コメントを閉じる▲
Little Birds -イラク 戦火の家族たち-
2007.01.23 (Tue) :
LittleBirds
"Little Birds -イラク 戦火の家族たち- "
(2005/日本/102min)綿井健陽
Rating 8/10



Introduction
世界各地の紛争を取材するジャーナリスト綿井健陽は、2003年3月、開戦間際で緊迫するイラクへ入った。まもなくしてアメリカはバグダッドを空爆、イラク戦争が始まった…。こではイラク市民の視線にたっての戦争の惨禍が記録されており、その悲劇と衝撃のインパクトは当時のTVメディアでは伝えられなかったものでもある。特に家族、子どもなどの悲劇を中心にした構成は、たとえどんな理由があろうとも、戦争は罪のない者たちの運命を一瞬にして狂わせる無慈悲で残酷なものであるという怒りのメッセージと、しかしそれでも人は生き続けるという人間の生命力、その力強さまでが見事に訴えられている。

「ブッシュに聞きたい。イクラを解放しに来たのか?それとも私たちを殺しに来たのか?」

Review

私たちにが知らなくてはならない現実がこの映画では描かれている。ニュースキャスターが伝える言葉ではなく、戦争の最中にいる人たちの生の声こそ戦争の虚しさや悲しさを伝えられるものだと思う。本当に何のための戦争だったのだろうか・・・。

生物・化学兵器等、大量破壊兵器を保有していることを戦争理由としたアメリカは、イラク制圧の為にどれだけの兵器を使ったのだろう。力のある側が力でもってごり押しすれば、違法だろうと何だろうといくらでも使えるが、力のある側が無い側の持つものを「違法だ」といって取り上げようとすればできてしまう。それが国際政治の現実なのだろう。

特にこの映画で衝撃的だったのが“クラスター爆弾”というアメリカ兵がイラクで使った兵器。この“クラスター爆弾”によって多くの罪のない市民や特に子供たちの命がなくなり、そして今も彼らが遊ぶ近くに落ちている。

クラスター爆弾
本体の親爆弾(長さ2.3メーター、重さ430キロ)から投下された数個から最大約2000個(約200個ぐらいものが多い)の小さな小爆弾が上空100~1,000メーター爆発、それにより、小爆弾中の容器に納められた鉄片が300ぐらいに飛び散って、一円(その地方・場所などの全体。一帯。全域)の車両や兵員等を無差別に破壊する爆弾で、軍事的には広域を制圧し、敵の人的被害を計算できる有効な兵器とされている。広範囲にばらまかれるため、あらゆる方角から爆風が襲い、逃れることは困難です。 しかも子爆弾の5%以上が不発のまま残り、地雷となって、戦後も長期にわたって何の関係もない人を殺したり傷つけたりします。

同爆弾は、核兵器、劣化ウラン弾、生物化学兵器等と並んで、非人道兵器として96年の国連人権委員会の決議において使用禁止の対象に挙げられたが、同爆弾は、第2次世界大戦中に米軍が開発、ベトナム戦争から旧ユーゴ、アフガニスタン(1,200発以上の親爆弾から約25万個の小爆弾が各地にばら撒かれた)やイラクまで多くの戦場で使われてきて惨劇を引き起こし、赤十字国際委員会(ICRC=国際赤十字)や各国の非政府組織(NGO)がその非人道性を指摘している。

軍事的には極めて効率のよい爆弾とされているクラスター爆弾を、日本の航空自衛隊が87~02年度の16年間で総額約148億円分購入し、現在も数千個を保有していることが03年4月16日判明している。上陸してきた敵部隊の掃討に使用するというのが日本政府・自衛隊の所持理由であるが、後々、日本国民に被害を与える明白である以上、この爆弾は、使いようがない、また、必要のない兵器といわなければならない。


参考ページ
クラスター爆弾
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/kurasutabakudann.htm

非人道的兵器クラスター爆弾
http://peaceact.jca.apc.org/resources/yamazaki.html

Trailer


→Hide More


GLOBE OFFICE
2007.01.23 (Tue) :
今日は社会学概論と私法概論のテストがあり、覚えることや、調べることが多いので先週からテスト勉強やってた。テスト勉強は何となくソウを観ながらしててね、画面の中ではグロい映像が流れて、それを観つつ六法で調べもしている感じも含めて楽しい時間だった。テストの方も勉強したかいあって単位取れそう!そして、テストも終えて遂に春休みを迎えたわけです!終わってから大学の友達と渋谷でメガネ屋やらLOFT、HMVでゆったり買い物した!さあ、明日からバイト探しだー!

SAW Ⅲ
2007.01.21 (Sun) :
SAW3
"ソウ Ⅲ"(2006/アメリカ/113min)ダーレン・リン・バウズマン
Rating 6/10



Introduction
轢き逃げで息子を失ったジェフは、使われていない食肉加工工場で目が覚める。そこには、息子の死に責任のある3人の人間が監禁されていた。ジェフは、彼らを赦すことができるのか?これは、誰のためのゲームなのか?

Review
SAW3の解説に書いてあったキーワードを考えながら観るとこの映画はさらに面白いくなる思う。《誰のためのゲームなのか》《ジグソウは直接は殺さない》《ルールを守れ》《ジグソウは最前列で見る》《親子》というキーワードはソウ・シリーズで共通に描かれていて、複雑なストーリーを解く鍵となっている。今思えばあの時点で予測できたことだってある。SAW3で解決された疑問もあれば、ある人物のその後が描かれていなかったりと、ちゃんと伏線が残ってて、続きが気になるね!


→Hide More



Re: SAW Ⅲ byspam
SAWは、2までしか見てないけど。
やっぱ、1のラストがこのシリーズの最高だったねb
明日、3借りてこなければっ!ってか、SAWみたいな
ジャケな映画って結構あるよね あれなんだろ。

Re: SAW Ⅲ bydakota
もう3出てんだ!?つい最近やっと2を見れたとこだよ。私的にも1が衝撃的で2は消化不良だったなぁ。3には期待期待。

Re: SAW Ⅲ byuk
1のラストは一気に加速して最後にあわわわわわって衝撃的な展開が待ってるよね!3はソウのルールとか人物を覚えとくとおもしろいよーん。今後どんな展開が待ってるのか楽しみだけど、観る頃には登場人物とか忘れてそうだなー。

コメントを閉じる▲

Re: SAW Ⅲ byspam
SAWは、2までしか見てないけど。
やっぱ、1のラストがこのシリーズの最高だったねb
明日、3借りてこなければっ!ってか、SAWみたいな
ジャケな映画って結構あるよね あれなんだろ。

Re: SAW Ⅲ bydakota
もう3出てんだ!?つい最近やっと2を見れたとこだよ。私的にも1が衝撃的で2は消化不良だったなぁ。3には期待期待。

Re: SAW Ⅲ byuk
1のラストは一気に加速して最後にあわわわわわって衝撃的な展開が待ってるよね!3はソウのルールとか人物を覚えとくとおもしろいよーん。今後どんな展開が待ってるのか楽しみだけど、観る頃には登場人物とか忘れてそうだなー。

コメントを閉じる▲
SAW Ⅱ
2007.01.20 (Sat) :
SAW2
"ソウ Ⅱ"(2005/アメリカ/93min)ダーレン・リン・バウズマン
Rating 4/10



Introduction
出口の無い館に閉じ込められた8人の男女。遅効性の毒ガスがゲーム開始と共に館内をめぐっていく。極限の中で2時間以内にゲームに勝ち抜き、解毒剤入り注射器を手に入れないと死んでしまう。刑事エリックはジグソウを逮捕するが、部屋で発見をしたモニターを見てエリックは驚愕する。エリックの息子はジグソウに監禁されており、彼はあの館に閉じ込められてジグソウのゲームに臨んでいた。エリックは、ジグソウに詰め寄るがジグソウは動揺することなく、エリックと2時間、2人きりで話をする"ゲーム"を要求する。

Review
死に直面し、生きるか死ぬかという極限状態で、人は何をし、何を犠牲にしてまで生きるのか?今作の登場人物は何だか考え方や行動が単純で魅力がなかった。もう誰がどうなろうが知ったこっちゃねーさって思ってしまった。


→Hide More


SAW
2007.01.19 (Fri) :
SAW
"ソウ"(2004/アメリカ/103min)ジェームス・ワン
Rating 7.5/10



Introduction
目が覚めると、老巧化したバスルームに横たわり、足首には鋼鉄の鎖、対角線上にはもう一人の男、そして間には自殺死体…という理解不能な状況におかれた二人の男と、連続殺人犯を追う刑事を描いた恐怖の限界に挑むソリッド・シチュエーション・スリラー。

Review
このゲームの首謀者が結末にしかわからないのが何よりも怖かった。それもこの人かなり天才的頭脳犯。ホラーは嫌いだけど、ソウは評価が良かったので観てみたかったので、ソウ・シリーズを一気観した。足を切るシーン以外は目をそむけずに見られたので、グロさとしてはギリギリ。想像絶するシチュエーションと緻密に作られたストーリーが面白かった。これが本当に起きてしまう世界なら最悪だー。


→Hide More


PUNKSPRING07情報
2007.01.19 (Fri) :
PUNKSPRING07

Tokyo
2007/4/1(sun) Makuhari Messe
OPEN 11:00am/START 1:00pm
TICKETS:¥8,000- (tax in/all standing/plus 1DRINK charge ¥500-)
1/28(sun) Tickets on Sale!!

Osaka
DATE:2007/3/31 (sat) Intex Osaka
OPEN 11:00/START 13:00
TICKETS:¥7,500-(tax in)
2007/2/3 Tickets on Sale!!

第1弾発表アーティスト
*DEAD TO ME / DROPKICK MURPHYS / JIMMY EAT WORLD / マキシマム ザ ホルモン / NOFX / *PARAMORE / THE TOY DOLLS

第2弾発表アーティスト
NEW FOUND GLORY / *THE RED JUMPSUIT APPARATUS / *THE SUMMER OBSESSION

第3弾発表アーティスト
*ALLISTER / ELLEGARDEN / *PROTEST THE HERO


[*Tokyo Only]

●PUNKSPRING公式HP
http://www.punkspring.com/index.html



12/12に書いた記事

1回目に発表されたときは、きちんと聴いていたのはJimmy Eat World、Paramoreだけで、正直単独で来てくれたらいいのにと思った!あまりにも知らないバンドが多かったので、とりあえずまだ聴いたことないDropkick Murphysというアイルランド出身のバンドは聴いてみたけど、"For Bouston"という曲が熱くてね!これはライブで是非聴きたい!それから去年一緒にこのフェスに行った友達がNOFX好きなので、CD借りたりNOFXの良さをみっちり教えてもらったら、もっと行く気になるのではと思い追加発表待ちだった。

そして、12月12日に会員限定で第2弾の発表があり、なんど好きなバンドが3つも発表されてるからね!New Found Gloryは言うまでもなく誰しもが知るバンドだし、The Red Jumpsuit ApparatusとThe Summer Obsessionは今年エモ系で売れたバンドなのでもちろんどれも聴いてたので、この発表は嬉しい!第1弾の発表のときは知らないバンドが多かったけど、これで半分以上のバンド知ってるので1日でこれだけ好きなバンドが聴けるのは楽しみ!去年と一緒ならば、たぶん今後は日本のバンドだとかが追加発表されるだろうね。



1/19に書いた追記

第3弾の発表が19日あったようで、3組発表されてました。3つとも好きなバンドで楽しみが増えたし、やっぱProtest The Hero楽しみだー!いろんな人が楽しめるフェスにするために、幅広いジャンルから集めたんだろうね。とにかく自分にとってはこれだけのバンドを1日で観れるだけで嬉しい。


→Hide More



byspam
俺も今年はそれ行ってみようかなぁって
思ってるよb
サマソニみたいにいい思い出になるといいね♪

byuk
フェスはいいよねi-185 何ヶ月も前から、うきうき気分でいられるし、新しい音楽とも出会えるしi-190 S3も好きなPARAMOREのね、ヴォーカルを生で見れるのも、これ楽しみi-80 去年は、大阪は次の日に開催してたから、今年も4月2日かもね!

byspam
何ヶ月前からのうきうきは分かるわ笑
前回のフェスで分かったことは予習だから
今から予習しんとあかんわ!笑
俺的にTHE RED JUMPSUIT APPARATUSが
注目ですね♪
今度は、ukさんとかライオンさんがいないから
計画性ゼロになりそうだけどがんばるわ!笑

コメントを閉じる▲

byspam
俺も今年はそれ行ってみようかなぁって
思ってるよb
サマソニみたいにいい思い出になるといいね♪

byuk
フェスはいいよねi-185 何ヶ月も前から、うきうき気分でいられるし、新しい音楽とも出会えるしi-190 S3も好きなPARAMOREのね、ヴォーカルを生で見れるのも、これ楽しみi-80 去年は、大阪は次の日に開催してたから、今年も4月2日かもね!

byspam
何ヶ月前からのうきうきは分かるわ笑
前回のフェスで分かったことは予習だから
今から予習しんとあかんわ!笑
俺的にTHE RED JUMPSUIT APPARATUSが
注目ですね♪
今度は、ukさんとかライオンさんがいないから
計画性ゼロになりそうだけどがんばるわ!笑

コメントを閉じる▲
Hotel Rwanda
2007.01.17 (Wed) :
HotelRwandaホテル・ルワンダ - Hotel Rwanda -
2004/カナダ=イギリス=イタリア=南アフリカ /122分
監督:テリー・ジョージ
脚本:ケア・ピアソン、テリー・ジョージ
出演:ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティ、ホアキン・フェニックス
ジャンル:ドラマ 実話 ヒューマンドラマ 感動
評価:★★★★★★★(7/10)

Story
1994年、アフリカのルワンダで民族対立が原因の大量虐殺事件が発生、欧米諸国や国連の無策が被害を拡大させる中、1200人もの人々をホテルに匿い、話術と知略を武器にその命を守り抜いた一人のホテルマンの奇跡の物語。

「世界の人々はあの映像を見て“怖いね”というだけでディナーを続けるだろう」



この映画をどう評価していいかわかんないけど、ルワンダ紛争の事実や、国連や世界の人々が救えなかった1200名以上の命を救ったホテルマンの話を知れてよかったし、観た後に考えられされる作品だった。それに、紛争の虚しさ、国連や先進国の残忍さも表現されていて強いメッセージがこもっていたのが印象的だった。

世界を見渡せば、国籍や身体的特徴で人を正しいもの、正しくないもの、好ましいもの、好ましくないものとレッテルを貼り、憎み合いながら生きる民族もいる。自分にはこういう悲しいことが目の前で起こらないように捻じ曲がらないようにするしかないよね。だから、世界中で起きている悲惨な現実を知って、そこから学ぶことが重要だー!

◆ルワンダ紛争についてのメモ
ツチ族とフツ族は元々同じ言語を使い、農耕民族であるか遊牧民族という違いはあれど、両民族の境は曖昧だったという。しかし、フツ族の土地にツチ族が入植し始めたことから、小さな戦いが始まった。ドイツやベルギーは植民地化後に両民族間の対立を煽り、ツチ族は「高貴(白人の血が混じっているというデマを活用)」、対するフツ族は「野蛮」であるという神話を広め始めると、ツチ族とフツ族は大きく対立し始めた。植民地を支配するための手段として、意図的にフツ族とツチ族の間に内部分裂を起こし、植民地政策による不満の矛先を変え、その全てをお互いに向けさせることで、自分たちに対して敵意を持たないよう仕向けた。


→Hide More



Re: Hotel Rwanda bydakota
更新の頻度が半端ないっすよお兄さん!

Re: Hotel Rwanda byuk
暇人ってことだよね笑 それにブログのデザイン変えてから、書く気出てきたしーーー書きたいこと増えた!

コメントを閉じる▲

Re: Hotel Rwanda bydakota
更新の頻度が半端ないっすよお兄さん!

Re: Hotel Rwanda byuk
暇人ってことだよね笑 それにブログのデザイン変えてから、書く気出てきたしーーー書きたいこと増えた!

コメントを閉じる▲
Inside Deep Throat
2007.01.16 (Tue) :
Inside Deep Throat
"インサイド・ディープ・スロート"
(2005/アメリカ/90min)フェントン・ベイリー
Rating 7/10



Introduction
史上最低にして性革命を起こした伝説のポルノ映画「ディープ・スロート」をめぐるアメリカの社会現象を鮮明に綴ったドキュメンタリー。性の概念、憲法までも変えてしまった“ディープ・スロート事件”の真相と波紋を描いた衝撃の作品。

「まるで大量生産工場だ。ポルノは終わった、映画作家はもう要らない。ポルノの本質がセックスから、金儲けに変わった」

Review
決してポルノ映画でなく、当時の関係者にインタビューを中心とした真面目なドキュメンタリー。でも、映像と音楽はオシャレ。

ポルノを通して保守的なアメリカの社会構造が見えてくる。表現の自由が保障されているアメリカであっても、不道徳な輩が作るポルノは弾圧し、取りしまうべきだという。この「ディープ・スロート(喉の奥)」という、かなりチープだけどどユーモアにみちた芸術としてのポルノのヒットによって、人々の性に対する考え方が変わっていく。ポルノとは何か?姓をどう捉えるか?

「ディープ・スロート」が巻き起こした性革命後、アートの一形態になる勢いだったポルノが、ビデオカメラで誰でも安くポルノ・ビデオを制作することが可能となり、より安く作って売れる者だけがビデオ映画で商売できるようになった。内容など何もない、単なるセックス・シーンの連続で、ポルノは二流の商品に成り下がったという。この商業的な流れのきっかけとなったのが「ディープ・スロート」だったという。ポルノだけでなくパンクにおいても商業的な流れがあり、借りた2本とも同じテーマだった。

Trailer


→Hide More


Do it yourselfの精神 日々受動的にな自分へ
2007.01.16 (Tue) :
有言実行!ブログをいろいろといじったけど気づいたかなー?右のメニューをもっとわかりやすくしたり、気になってた細かい部分を修正したり。来週の月曜に社会学概論と私法概論という最後の山場が残っているんだけど、それまで学校行かなくていいのでブログを書いたり、買い物行ったり、バイトを探したり、もちろんテスト勉強もやったり(どちも覚えること多いからさーめんどっちーけどやらねばーいかんのです)しようかと思ってる。

前回の記事では昨日観たパンク・ロックのドキュメンタリーのレビュー載せました!まったく知らないバンドばかりでマニアックすぎで退屈なドキュメンタリーだったらどうしようかと思ったけど、テスト勉強そっちのけで観てしまうほどおもしろかったよ!というわけでオススメ。このDVDはDMMというとこでネット・レンタルしたんだ。TSUTAYAディスカスもいいんだけど、DMMのほうがミニシアター系が充実してるっぽいのでこちらでも借りてみた!初回の2週間は無料なので、まあこの週はいろんな映画、その中でも今流行のドキュメンタリーをいろいろ観ようかなって思っていろいろ観てみたいのをウィッシュ・リストに入れてる。

さあー、見ての通りブログを書くやる気が戻ってきたみたいです。今後ともよろしくねー!
Punk: Attitude
2007.01.14 (Sun) :
Punk: Attitude
"パンク・アティテュード"
(2005/アメリカ/88min)ドン・レッツ
Rating 7.5/10

MC5、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、ストゥージーズ、テレヴィジョン、ラモーンズ、ラモーンズ、テレヴィジョン、パティ・スミス、セックス・ピストルズ、クラッシュ、スリッツ、スーサイド、ビースティー・ボーイズ、ソニック・ユース、ニルヴァーナ、ランシド、ブリンク182、リンプ・ビズキット



Introduction
アメリカとイギリスにおけるPunk Rockの歴史を描いたドキュメンタリー。過去のパンクシーンに生きてきたバンドや雑誌記者、ライブハウスのオーナーが時間軸にそってインタビューとライブ映像でその時代を振り返り、パンクロックを再考していく。

“Punk is an attitude.”

「誰かが“クソ食らえ”と言えば、それで充分だった。すると皆“よく言ったありがとう”と言い出す。5%か、それ以下でいい。新しい考え方をする人間がそれだけいれば変わる」

Review
このドキュメンタリーに出てくる人たちの生き様こそがパンクなんだろうね。ドキュメンタリーに出てくるバンドは聞いたこともないバンドばかりだし、当時のことなど何一つ知らない自分にとってはパンクの歴史を勉強できて良かった。“どう思われても好きな事をする”という強い気持ちがとても印象的だったし、パンクで生きている人の考えを少しでも理解できたと思う。まだまだパンクの歴史についてコメントできるほど知識がないので、とりあえず興味があったら観てみて下さいな!


→Hide More



Re: Punk: Attitude bydakota
これは是非とも見てみたいなぁ。

Re: Punk: Attitude byuk
この映画観てて、このバンド聴いてみよって思うカッコいいバンド発見できておすすめでごーざーすな。

コメントを閉じる▲

Re: Punk: Attitude bydakota
これは是非とも見てみたいなぁ。

Re: Punk: Attitude byuk
この映画観てて、このバンド聴いてみよって思うカッコいいバンド発見できておすすめでごーざーすな。

コメントを閉じる▲
初期衝動スピリット
2007.01.12 (Fri) :
今週は水曜に基礎演習、英語読解のテストがあって、土曜にプログラミングの課題提出しに大学行くぐらいでとっても時間のある週。本を読んだり、録画したプリズン・ブレークやらLOSTといったアメリカのドラマを見たり、DSで常識と脳トレで遊んだりとゆったりぼーっとやりたいことやってる。DSは去年の年末に親が買ってきたから、最近リビングにいるときは日課としてやってる。脳トレもいいが、常識もいいよ!あれはちょっと勉強した気になるよ笑 印象的なのは知識として身についてる気がするし。

文学はテスト期間が早いって言われてるんだけど、他の大学はいつ頃テスト終わるんだろうね?自分は来週と再来週の月曜にテストがあるだけで、あっという間に春休みに入る。春休みが無駄にならないよう、目標立ててなんか充実させたいなー!

見ての通り、時間があるんだけどねー、あまり日記を書く気にならなかった・・・。だから、こういうブログにしたいなってちょっと構想をたてつつ、もう見飽きたテンプレートとお別れして、リフレッシュを試みた!これを今度いじってみようと思う!それじゃあ、また書きたくなったら日記を書きます!
人混み夢模様
2007.01.02 (Tue) :
明けましておめでとう!携帯で明けましておめでとうメール送るのめんどくさいと思うんだよね。めんどくさがりなので、もうこういう恒例作業みたいなのが嫌いだー!正月だからとかじゃなくて、好きなときにメール打たせてくれ・・・。

今日は寒川神社に初詣行って来た!願ってるだけでもしょうがないので、今年は自分が積極的に頑張るしかないと、そう言い聞かせた。神なんかに頼ってらっかー!それでそれで、渋滞と人ごみーあと砂埃ーで疲れてしまったーけど今年の目標が決まった。毎年同じことだけど、新しいことに挑戦!まず何となく左手を使えるようになろうと思い、とりあえずお賽銭、おみくじをすべて左手を使った。なるべく今までと違うことをしよーと、その一歩目ってことだからー!さーそろそろブログのデザインも変えたいと思ってます。もうこれで終わりかと思いきや、続きに今年の初夢を占ったーこれがまた意味不明の夢でね でも夢ってそんなんじゃん

バイトに行ったんだけど暇だったんだけど、いつの間にかバスに乗り、戻ってお店でバレーボールを片付け、そしてそのお店のオーナー兼、県知事の女性から積極的に仕事してないからとクビにされ、それに対しパンチパーマの自称王監督の兄が激怒!こんな扱いをしてる北朝鮮がなんたらこーたら・・・おしまい

初夢なので起きて直ぐに「夢占い」で占ってみた!

>夢からのメッセージ

あなたの夢は、同じ事をしているつもりでうまくいかなくなってしまう事をさしています。今までの生活パターンを変えたり、いつもと違う道を通ったりして、日頃とは少し違った刺激を受けるようにしてください。きっと新しいあなたの側面が見えてくるはずです。

総合運勢 ★★★★☆ 仕事と友情がGOOD!


→Hide More


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。